2022年8月14日(日)

BBC News

2022年8月2日

»著者プロフィール

米下院のナンシー・ペロシ議長が台湾を訪問するか注目される中、米政府は1日、ペロシ氏が訪台した場合は、中国が軍事的な挑発をするかもしれないと注意を呼びかけた。

ペロシ氏は7月31日にアジア歴訪を開始。シンガポール、マレーシア、韓国、日本を訪れる予定となっている。

台湾とアメリカのメディアは、同氏が台北も訪問する予定だと伝えている。米政府はこれを肯定していない。

こうした状況で、米国家安全保障会議(NSC)のジョン・カービー報道官は1日、ペロシ氏が訪台した場合、中国が台湾付近でミサイルを発射したり、空軍や海軍による大規模な活動を見せたりする可能性があると述べた。

カービー氏はまた、中国が今後数日のうちに、台湾海峡は国際水路ではないといった「誤った法的主張」をするなど、反応をエスカレートさせるかもしれないと説明。

さらに、中国が事前の計画に沿って、台湾に向けて航空機を飛ばし、領空を侵犯する可能性もあるとした。

<関連記事>


台湾では自治が行われているが、中国は自国の一部だと主張。ペロシ氏が訪れれば、「深刻な結果」を招くと警告している。

ロイター通信によると、中国の張軍国連大使は1日、ペロシ氏の訪台は中米関係を損なうと強調した。

ペロシ氏と中国

米与党・民主党の幹部であるペロシ氏は長年、中国指導部を声高に批判し、同国の人権状況を非難してきた。これまでも、民主派の反体制派と面会したり、1989年の中国・天安門事件の犠牲者追悼のために天安門広場を訪れたりしている。

当初は4月に台湾を訪問する予定だったが、新型コロナウイルスの陽性反応が出たため延期された。

今月初めにはペロシ氏は、「私たちが台湾への支持を示すことは重要だ」と述べていた。

一方、ジョー・バイデン大統領は、ペロシ氏の訪台について、米軍が「現時点ではよい考えではない」とみていると述べていた。

冷静な対応求める

カービー氏は1日の発言の中で、米野党・共和党のニュート・ギングリッチ前下院議長が1997年に台湾を訪問し、他の米議員も今年、台湾を訪れていると指摘。

「何も変わっていない。伝えるべきドラマもない。下院議長が台湾に行くのは前例がないわけではない」と述べた。

また、ペロシ氏のアジア歴訪には米軍機が使われていると付け加えた。

一方、アントニー・ブリンケン米国務長官は同日、ペロシ氏が訪台した場合、中国に冷静な対応を求めた。

ブリンケン氏は、米ニューヨークの国連で核不拡条約(NPT)再検討会議に出席後、記者団に対し、「もし議長が訪問を決め、中国が何らかの危機を引き起こしたり、緊張をエスカレートさせようとしたら、それは完全に中国の責任だ」と述べた。

そして、「ペロシ氏が訪問を決めた場合、中国には責任ある行動をとり、いかなるエスカレートもさせないことを求める」と述べた。

(英語記事 China ready for show of force on Taiwan - US

提供元:https://www.bbc.com/japanese/62388077

関連記事

新着記事

»もっと見る