2022年8月11日(木)

BBC News

2022年8月4日

»著者プロフィール

アメリカのナンシー・ペロシ下院議長の台湾訪問を受け、中国は4日、台湾近海で過去最大の軍事演習を開始した。

実弾演習は現地時間4日正午(日本時間午後1時)に始まった。台湾が領海だと主張する沿岸12カイリ(約22キロ)内でも演習が行われる予定。

中国軍は台湾の北東沖と南西沖の海域に、弾道ミサイルを複数発射した。

ペロシ米下院議長は2日深夜から3日夜までの短い時間ながら、台湾を訪問。物議を醸した。

台湾を分離した省とみなしている中国は3日、「必要かつ正当な」軍事演習を4日から7日まで実施すると発表した。台湾は、中国が現状変更を試みているとしている。

中国の反発は、この軍事演習が主体だ。併せて、台湾との貿易を一部遮断する措置も取っている。

今回の演習では、世界で最も交通量の多い航路の一部において、「長距離実弾射撃」などを行う予定だとしている。

台湾は船舶に対し、代替航路を探すよう求めた。隣国・日本やフィリピンとは、代替航空路について交渉している。

台湾によると、中国の戦闘機27機がすでに、台湾が設定している防空識別圏に侵入したという。

台湾の国防部(国防省)は3日、ジェット機を発進させ中国側に警告を発した。

国防部はその後、おそらくドローンとみられる正体不明の航空機が金門島の上空を飛行したと付け加えたと、ロイター通信は報じた。台湾軍は航空機を追い払うため照明弾を発射し、警戒を続けたという。

衝突のリスク

台湾の蔡英文総統は、台湾が「意図的に高められた軍事的脅威」に直面していると述べた。

軍事演習について、台湾は海上及び空路封鎖に等しいと指摘。アメリカは無責任な行動で、手に負えない状況に陥るおそれがあるとしている。

アナリストのボニー・リン氏はBBCに対し、台湾は慎重に対応するだろうが、両者が衝突するリスクはまだ残っていると語った。

「例えば、中国が台湾の領空で航空機を飛行させるという決断に至れば、台湾がそれを阻止しようとする可能性はある。また、空中で航空機が衝突するおそれもある。多くのシナリオが展開される可能性がある」

台湾政府によると、ここ数日の間に複数の省庁がサイバー攻撃を受けている。

日本のEEZ内でも演習か

事態の沈静化を図るため、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、イギリス、アメリカの主要7カ国(G7)の外相は3日、中国が行動をエスカレートさせれば地域の不安定化を招くおそれがあるとの共同声明を発表した。

「訪問を、台湾海峡での攻撃的な軍事活動の口実にすることがあってはならない。我々の国会議員にとって、海外渡航は通常かつ日常的な行動だ」

中国の軍事演習の対象地域には、日本の排他的経済水域(EEZ)が含まれているとして、日本も懸念を示している。

これについて中国外務省の華春瑩報道官は、中国政府は日本のEEZ「とされる」ものに関する日本側の主張を受け入れないと述べた。

<関連記事>


アジアを歴訪中のペロシ氏は、過去25年間で最も高位の米政治家による訪台を実現した。中国は同氏による台湾への渡航を控えるよう警告していた。

中国の王毅外相は、アメリカが「いわゆる民主主義を口実に中国の主権を侵害している」と非難。「火遊びをする者は良い結末を迎えることはなく、中国を怒らせる者は罰せられる」と述べた。

ペロシ氏は訪台後の声明で、中国は「世界の指導者あるいは誰かが台湾を訪れ、その繁栄する民主主義に敬意を表し、台湾の多くの成功に注目し、継続的な協力への取り組みについて再確認することを妨げることはできない」と述べた。

台湾を出発したペロシ氏は3日夜、韓国に到着。4日に金振杓(キム・ジンピョ)国会議長と会談した。ペロシ氏はアメリカ主導の国連軍司令部と北朝鮮が巡回する南北軍事境界線近くの共同警備区域を訪問する予定。

ペロシ氏の訪台は、身内の民主党から承認されたものではなかった。ジョー・バイデン大統領は先月20日に訪台について、米中の緊張が高まる中で「米軍はそれがいい考えだとは思っていない」と述べていた。

アメリカは台湾政策をめぐり、外交的「綱渡り」状態にある。「一つの中国」政策を堅持し、中国政府のみを承認しているアメリカは、正式な国交も、台湾とではなく中国と結んでいる。

その一方で、台湾とは「強固な非公式」の関係を維持し、台湾が自衛できるよう武器の売却などをしている。


地元メディアによると、中国は3日、同国沿岸部の浙江省で、分離主義の台湾人とされる人物を国家安全保障を脅かした疑いで拘束した。

こうした中、中国の盧沙野・駐仏大使はフランスのテレビ局に対し、中国政府は台湾「再統一」後に「再教育」に力を入れるだろうと語った。

中国はこれまでにも、同国北西部の新疆ウイグル自治区で主にイスラム教徒である少数民族を拘束する際に「再教育」という言葉を使っている。人権団体は、100万人以上の少数民族が収監されているとしている。

(英語記事 China prepares military drills after Pelosi visitLive Reporting

提供元:https://www.bbc.com/japanese/62405856

関連記事

新着記事

»もっと見る