2022年10月6日(木)

BBC News

2022年9月7日

»著者プロフィール

イギリスのリズ・トラス新首相は6日、官邸前で就任後初の演説をし、自分の優先課題は経済とエネルギー、医療サービスだと述べた。エリザベス女王に任命されイギリスの第56代首相となったトラス氏は、イギリスは物価高騰に苦しみながらも「嵐を乗り切ることができる」と強調した。

トラス氏は、自分の使命は「全員の繁栄」を確保することで、「絶対に実行すると決意している」と述べた。

イギリスでは、「10」と番号のついた官邸の有名な黒い玄関ドアの前での就任演説が恒例となっている。しかしこの日は、直前までロンドンは大雨に見舞われ、一時は屋内での演説になるかと危ぶまれていた。

雨脚が和らいだところでトラス氏は官邸前に立ち、「この国にとってきわめて重要なこの時」に首相の責務を担うのは「光栄なこと」だと話した。

さらに、ウクライナに対するロシアの「とんでもない侵略」が引き起こす難問や、新型コロナウイルスのパンデミックによる余波に、国は直面していると指摘。それでもイギリスの人たちには「そうした課題に取り組む」ための「胆力と決意」が備わっていると述べた。

「嵐がどれだけ強力でも、イギリスの人たちの方が強いと承知している」と、新首相は強調した。

新政権にとっての初期の目標については、減税と改革を通じて経済成長を実現し、光熱費の急騰に取り組み、医療サービスの基盤を強化することだと述べた。

提供元:https://www.bbc.com/japanese/video-62816083

新着記事

»もっと見る