2022年9月27日(火)

BBC News

2022年9月8日

»著者プロフィール

カナダの警察は7日、住民が次々と刺され10人が死亡、19人が負傷した事件で、逃走していた容疑者を拘束したと発表した。また、この容疑者が拘束後まもなく死亡したと明らかにした。

警察によると、7日午後3時半ごろ、マイルズ・サンダーソン容疑者(32)をサスカチュワン州ロスサーン町で拘束した。

拘束現場で撮影された映像には、白色のSUVタイプの車両が道路脇に止まり、警察車両がそれを取り囲んでいる状況が映っている。

ソーシャルメディアに投稿された信ぴょう性が不確実な映像には、幹線道路の脇で同容疑者が警察に逮捕される様子が映っている。警察が容疑者の車両だとしていた、白のシボレー・アバランチに似た車も映っている。

警察によると、同容疑者は盗んだ車両を時速150キロで運転し逃走。警察は車両をぶつけ、同容疑者の車を道路の外に押し出したと話した。車内からはナイフ1本が見つかったという。

同容疑者は、拘束後まもなく、「医学的な機能不全」に陥り、病院に運ばれたが、死亡が確認されたという。

詳細は明らかにされていない。匿名の当局者は先に、サンダーソン容疑者は自傷行為によるけがが原因で死亡したと述べていた。

住宅に侵入し車奪ったか

カナダ王立騎馬警察(RCMP)サスカチュワンのロンダ・ブラックモア警視正は7日夜、「今夜、この州の誰もが安堵(あんど)のため息をついている」と語った。

ブラックモア氏によると、警察は7日にサンダーソン容疑者に車を盗まれたとの通報を受けた。車の所有者にけがはなかったという。

カナダ放送局CBCニュースによると、サンダーソン容疑者は7日午後2時頃、農村部の住宅の敷地に侵入した。この家の女性は、同容疑者が玄関に向かって歩いてくるのに気づき、玄関の鍵を閉めて寝室にあるバスルームに避難したと、女性の息子は語った。

同容疑者は玄関のドアを蹴破って寝室に入り、傷つけないから一緒に来るよう女性に求めた。しかし女性はこれを拒否したという。

女性の息子によると、同容疑者は車の鍵や携帯電話、水などの飲み物、たばこを持ち去った。女性は固定電話を通じて警察に通報したと、CBCは報じている。

3州にまたがった捜索はこれで終結した。警察はすでに同容疑者を、第1級殺人、殺人未遂、住居侵入の疑いで訴追している。

<関連記事>


事件は4日に発生。同容疑者の兄のデイミアン・サンダーソン容疑者も事件に関与した疑いがあるとされ、警察は兄弟の行方を追っていた。

翌5日、警察は兄の遺体を発見。兄弟を捜索中に、弟が兄を殺害した可能性があるとみて捜査を進めている。

負傷者のうち10人は今も入院しており、その中の3人は重体となっている。

逮捕されたマイルズ・サンダーソン容疑者は、刑務所から仮釈放中だった。暴力の前歴があり、仮釈放を問題視する声が出ている。

両親が自首を呼びかけ

容疑者兄弟の両親は7日、生き残った息子に向かって自首するよう訴えかけていた。

母親は、「息子、息子たちのために謝罪したい」とCBCニュースのインタビューで話した。

「全容はわからないが、この恐ろしい状況によって傷つき、影響を受けたすべての人に謝罪したい」

事件は13カ所の現場で立て続けに発生した。警察はまだ、考えられる動機について明らかにしていない。

仮釈放を検証へ

カナダの仮釈放委員会は6日、マイルズ・サンダーソン容疑者が仮釈放された理由を検証すると発表した。同容疑者は、複数の暴力犯罪で禁錮4年の刑を受け、服役していた。

同委員会は2月、同容疑者が「過度の危険にはならない」と判断。釈放することが、同容疑者の社会復帰を促進し、ひいては「社会を守ることに貢献する」としていた。

警察は事件発生後、同容疑者を5月から探していたことを明らかにした。担当のケースワーカーと面会しなくなり、「不法に逃亡中」と分類されていたとした。

仮釈放の書類によると、同容疑者は10年にわたる犯罪歴がある。それには、18歳以降に暴行、脅迫、強盗など59件で有罪判決を受けたことが含まれる。

マルコ・メンディチーノ公安相は、「(仮釈放の)決定理由を知りたい」と記者団に話した。

被害者の親族が会見

事件の被害者の親族は7日、記者会見で、攻撃に対する「恐怖」を感情を込めて語った。

殺害されたボニー・グッドヴォイス=バーンズさん(48)のきょうだいで、サスカトゥーン部族評議会の代表を務めるマーク・アーカンドさんは、「私たちは打ちひしがれているが、負けてはいない」と話した。グッドヴォイス=バーンズさんの息子グレゴリー・バーンズさん(28)も事件で死亡した。

アーカンドさんによると、グレゴリーさんには2人の子どもがいて、3人目の誕生を目前にしていたという。

アーカンドさんは、事件の知らせを聞き、車で2時間かけてジェームズ・スミス・クリー・ネーションで暮らすグッドヴォイス=バーンズさん家族のもとに向かったと説明。家族が殺害されていたのを発見し、ショックを受けたと振り返った。この地域では住民9人が殺害された。

「最もトラウマになったことの1つは、あの日見た場面だった」

アーカンドさんは、グッドヴォイス=バーンズさんについて、若い息子3人を守りながら死んだ「ヒーロー」だったと付け加えた。息子たちのうち1人は、刺されながらも一命を取り留めたという。

「2人の若者たちは叫び声で目を覚ましたが、助けることができなかった」とアーカンドさんは話した。「若者の1人は高い椅子の後ろに隠れ、一部始終を見ていた」。

容疑者の逮捕を受け、サスカチュワン州の先住民族の連合組織は、「彼が逮捕され、これ以上の命が失われなかったことに感謝している」とツイートした。

(英語記事 Canada stabbings suspect dies after car chase

提供元:https://www.bbc.com/japanese/62830116

新着記事

»もっと見る