2022年11月28日(月)

BBC News

2022年10月29日

»著者プロフィール

アンソニー・ザーカー、北米担当編集委員

ナンシー・ペロシ米下院議長の夫ポール・ペロシ氏が28日、自宅に侵入した男にハンマーで殴られ、重傷を負った。アメリカの中間選挙まで1週間という政治的緊張が高まる中での事件だった。

ペロシ氏の事件から数時間後、この緊張を強調するかのように、アメリカ政府は全米の警察当局に通達を出した。「イデオロギー的な不満」を抱えた個人による、選挙の立候補者や職員に対する、国内の暴力的な過激主義の「脅威が高まっている」と警告した。

この日は米司法省も、ペンシルヴェニア州在住の男が議員に繰り返し殺害予告の電話を掛けたとして有罪を認めたと発表した。被害者の名前は伏せられているが、エリック・スワルウェル下院議員(民主党、カリフォルニア州)だと報じられている。被告は議員のワシントン事務所に電話し、銃器を持って議会まで行くと職員に告げるなどしていたという。

今回の中間選挙は、共和党と民主党のどちらが来年から議会を支配するかを決めるもので、両党ともアメリカ史における重要な瞬間だと訴えている。そうした中で、政治体制の危機を告げる警鐘が鳴らされている格好だ。

野党・共和党は、中間選挙がジョー・バイデン政権にとどめを刺す最後のチャンスだと警告。一方の民主党は、アメリカの民主主義自体が危険にさらされていると指摘している。多くの共和党候補者が2020年の大統領選の結果を受け入れていないからだ。

こうした論調は、1年を通して着実に積み重ねられてきた暴力(および暴力的な脅迫)のうなりが最高潮に達する中で、出てきている。

殺害予告

アリゾナ州では、銃器を持って顔を覆った人物らが、選挙不正がないか監視しているという建前で、投票所の周りに張り付いているとの報告が多数寄せられている。こうした人物らは、投票しに来た人たちの写真を右翼系ソーシャルメディアに掲載し、人々に監視活動への参加を呼び掛けている。

6月には、ブレット・キャヴァノー最高裁判事の自宅近くで男が逮捕された。この男はカリフォルニアからワシントン郊外まで移動した後に警察に自ら連絡し、自分は銃器を持っており、保守派のキャヴァノー判事を殺すつもりだったと話した。

7月になると、ニューヨーク州知事選のリー・ゼルディン候補(共和党)が選挙集会で襲われた。民主党のプラミラ・ジャヤパル下院議員もシアトルの自宅前で、拳銃を持った男に脅迫を受けた。この男はその後、重犯罪のストーカー行為で訴追された。

共和党のマージョリー・テイラー・グリーン下院議員の自宅には、匿名の虚偽の通報に基づいて警察が6回駆けつけている。これは「スワッティング」と呼ばれる嫌がらせで、狙った人物と法執行機関との間に対立を誘発しようとするものだという。グリーン議員は他にも数多くの殺害予告を受けている。

もちろん、党派の対立を背景とした暴力や、暴力をほのめかす脅迫は、米政界では珍しいものではない。

5年前には、公園で野球をしていた共和党の政治家らに、複数の武器を持った男が発砲する事件が発生。5人がけがをした。下院で党内2位のスティーヴ・スカリス議員(ルイジアナン州)はその1人で、重傷を負った。しかし、これは単発の出来事だった。

政治家の安全を確保する

議会指導者の警護を担当する連邦議会警察のデータでは、暴力の波が高まっていることが読み取れる。議員に対する脅迫にまつわる案件は、2017年から増加。2022年は最初の3カ月だけで1800件以上が記録されている。

議会警察は7月に、議員の自宅の安全対策について最大1万ドルを補助すると発表した。

しかし、アメリカには435人の下院議員がおり、首都ワシントンンやその周辺の居宅と、アメリカ各地の自宅を絶えず行き来している。動機があり暴力に執着している人物なら、標的としている政治家やその家族を襲撃する方法を見つけられるだろう。

ペロシ下院議長は何千キロも離れたワシントンにいたため、サンフランシスコの自宅にいた夫のポール氏には警察による警護が付いていなかった。ポール氏は標的ではなかったが、被害者となった。

容疑者はポール氏を襲う前に、「ナンシーはどこだ」と叫んでいたとされる。これは2021年1月6日にドナルド・トランプ前大統領の支持者が連邦議会を襲撃した事件で、議会棟に侵入した男が叫んでいた言葉でもある。

党派で分断されている両陣営の政治家とも、ペロシ氏に同情を示し、過激なレトリックが鎮まることを求めている。しかしこれは、言うはやすく行うは難しである。

既存の政治的信条や恐怖心を強化するソーシャルメディアやニュースメディアという政治的バブルに包まれた米国民は、今後も過激主義や暴力に誘惑され続けるだろう。

そして、本で読んだりテレビで見たりした政治家、つまり国家の敵であり民主主義を脅かす存在だと指摘された政治家を探そうとすれば、見つけてしまえるのだ。

(英語記事 Violent extremism warning ahead of US election

提供元:https://www.bbc.com/japanese/63436671

新着記事

»もっと見る