2022年11月28日(月)

BBC News

2022年10月31日

»著者プロフィール

ローラ・クンスバーグ BBC番組「サンデー・ウィズ・ローラ・クンスバーグ」司会

イギリスのリズ・トラス前政権の末期に、機密保持の規則違反を理由に内相を引責辞任し、リシ・スーナク新内閣に再任されたばかりのスエラ・ブラヴァマン内相の行動について、新たに疑問の理由となるメールが浮上している。

BBCが確認したメールでブラヴァマン氏は、機密情報を含むメールを送った相手に、「削除して無視」するよう頼んでいる。

これまでブラヴァマン氏は、機密閲覧資格のない保守党関係者に機密を個人メールで送った問題について、「ただちに」当局に連絡したと説明してきた。

しかしBBCの取材によって、実際には問題発覚から当局への報告まで、数時間が空いていたことが分かった。

ブラヴァマン氏は19日に機密情報のメール送信をめぐり内相を引責辞任 した後、25日に返り咲いた。

スーナク新首相による この人事は大勢から批判されており 、機密保持にどのような問題が起きたのか、事実関係の調査を求める声も出ている。最大野党・労働党はスーナク氏に「真相を明らかにする」よう求めている。

報告前に「削除して」とGメール受信者に

ブラヴァマン氏はこれまで、「自分の間違いに気づいてすぐ、正式な手続きに沿ってただちに報告した」と説明している。報告先は内閣官房だったという。

しかし、BBCの取材で、ブラヴァマン氏が最初に機密メールをGメールの個人アカウントで議会職員に送ったのは19日午前7時25分のことで、午前8時半になって受信者が、自分がこれを受け取ったのは間違いではないかとブラヴァマン氏に連絡していたことが分かった。

ブラヴァマン氏は午前10時02分に、Gメールの個人アカウントで、この受信者に「先ほどのメッセージを削除して無視」するよう依頼している。

内相が送ったのは、移民ビザに関する大臣声明の草稿で、政府方針に関するきわめて機密レベルの高い情報が含まれていた。

消息筋によると、保守党のウェンディー・モートン院内幹事長(当時)が、事の次第を知らされたのはその約30分後で、モートン氏に知らせたのは誤送信メールを最初に受け取った部局だった。そこでモートン氏は問題を協議するため、内相を急ぎ探したのだという。

関係者の1人はBBCに対して、ブラヴァマン氏自身が問題を報告したという記録はなく、19日午後になってメール送信ミスがあったことを指摘された結果、引責辞任をせざるを得なかったのだと話した。

しかし、内相に近い消息筋は、同日正午ごろに内相自身が、機密保持に問題が起きたと内閣官房長に報告するよう指示したのだと話している。

仮にそうだったとしても、その日の正午では、内相が受信者に「削除して無視」するよう頼んでから4時間以上が経過し ている。

内相に近い関係者は、「内相は自分の判断ミスに気付いた時点でただちに、自ら正式な手続きに沿って関係当局に報告したと、明確に説明してきた。この一連の出来事は、非常に多忙な日程の中でのことだと認識する必要がある。内相は自分の間違いを認め、謝罪し、首相に辞意を伝えた」のだと話す。

ブラヴァマン氏は政府文書をいったん自分のGメール・アカウントに送った後、さらに送信した。政府閣僚は政府文書を個人アカウントに送ったり、他人に転送したりしてはいけないことになっている。

閣僚人事でいきなり物議

保守党のマイケル・ゴーヴ・レベリングアップ(地域活性化)相は30日、BBCの番組で、ブラヴァマン内相は「一流の政治家」だとたたえ、スーナク首相が内相に「2度目のチャンス」を与えたのはよかったと述べた。

ブラヴァマン氏のメール問題については、「それをもとにいろいろなことが言えるだろうが」、「性急に判断を急ぐべきではない」と話した。

また、メールを誤送信した相手に「削除して無視」するよう頼んだのは「まったく問題ない」、「通常の対応だ」と述べた。

これに対して野党・労働党のイヴェット・クーパー影の内相は、ゴーヴ氏が「国家安全保障に関する問題を、ひどく矮小化(わいしょうか)している」と批判。「スエラ・ブラヴァマンを内相に再任したのは無謀だし、それについて私たちが問題視していることのリストに、このメールの問題が新たに加わった(中略)リシ・スーナクの根本的な判断力の問題にかかわる」と述べた。

クーパー氏は、労働党として「あらゆる議会の仕組みを使い、彼女の再任について政府に真相を明らかにさせる。疑問について答えてもらい、下院の情報安全保障委員会へ詳細な文書の提出を求める」と話した。

野党・緑の党のキャロライン・ルーカス議員も、ブラヴァマン内相の再任によって、「あらゆるレベルで」誠実な政府を約束したスーナク首相の公約が早くも損なわれたと指摘。「最初のハードルで早くも失敗した」と述べた。

保守党の下院議員の間でも、懸念の声が上がっている。一般議員のキャロライン・ノークス氏は、事実関係の調査を求めている。元委員長のサー・ジェイク・ベリーは、内相による機密保持違反は「非常に深刻だ」と話した。

(英語記事 Suella Braverman email could throw fresh doubt over security breach claims

提供元:https://www.bbc.com/japanese/articles/c4nrxlljl38o

新着記事

»もっと見る