2022年11月28日(月)

BBC News

2022年11月1日

»著者プロフィール

ウクライナで10月31日、各地の主要インフラ施設に対するロシアのミサイル攻撃があった。首都キーウでは、市民らが水を求めて列を作る事態になった。

ウクライナ当局によると、攻撃によって全国で13人が負傷した。

ロシアは今回の攻撃について、ウクライナの軍指揮系統とエネルギーのシステムを狙ったものだとし、すべての目標に命中したとした。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は同日、先週末にロシアの軍艦が攻撃されたことへの対応でもあると述べた。

ウクライナ軍は同日夜、発射されたミサイル55発のうち45発を撃ち落としたと発表した。

キーウ市のヴィタリー・クリチコ市長は同日夜、市民の4割が水道を使えず、市内の27万世帯で停電が発生しているとした。

空爆の被害が明らかに

ウクライナの重要インフラがロシアの空爆で破壊された様子は、安全保障上の理由から、外部にはほとんど公開されない。

ミサイルがどこに命中し、どこで外れたかなど、今後の攻撃で利用されかねない情報を提供するのを避けるためだと、ウクライナ当局は説明している。

しかし31日の空爆の被害は、いたるところで目にすることができた。いくつかの地域では計画停電が実施されている。

ウクライナ政府は国民の多くに、節電を呼びかけている。ウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、人々の電力消費はすでに「極めて質素」な状況だとしている。

キーウでは街灯が消され、トロリーバスに代わって従来型のバスが走った。水の供給も停止され、住民らはポンプからくんだ水を手に入れるため、市内各地で長い列をつくった。

隣国モルドヴァにも着弾

リヴィウ、ドニプロペトロウシク、ハルキウ、ザポリッジャなども攻撃を受けた。

ウクライナ当局によると、10州の計18施設にミサイルやドローンが命中した。ほとんどはエネルギーを作り出す施設だという。

隣国モルドヴァの当局は、ウクライナが迎撃したミサイルの1つが、モルドヴァの国境の町に着弾したとした。住宅に被害が出たが、死傷者はなかったという。

モルドヴァ当局はその後、首都キシナウのロシア大使館の職員1人に国外退去を通告したと発表した。職員の名前は明らかにしなかった。

ロシアが併合したクリミア半島の黒海艦隊は先週末、ドローンによる攻撃を受けた。ロシアはウクライナによるものだとしたが、ウクライナはコメントしていない。

プーチン氏は31日夜、記者団の質問に答え、今回の空爆は報復の意図もあったと説明した。

また、ウクライナの港から穀物を運び出す船の安全な通行を認める、国連の仲介による協定について、参加を中断したが終了はしていないと述べた。

ウクライナは同日、ロシアが協定から離脱したとし、それでも輸送船はウクライナから出港を続けているとしていた。

新たな総司令官の影響か

今回の攻撃は、冬を前に重要なインフラを標的にするというロシアの戦略を示す、最新の例となった。ウクライナでは冬期、気温が零下20度まで下がることもある。

ウクライナはこの日の攻撃について、軍事的な敗北が続くロシアによる反応だとしている。ウクライナ軍は反転攻勢を強め、領土を奪還している。

ウクライナのオレクシイ・レズニコフ国防相は、ロシアの作戦について、同国のセルゲイ・スロヴィキン将軍の影響がみられると指摘する。同将軍は10月、プーチン氏によってウクライナ侵攻の新しい総司令官に任命された。

レズニコフ氏は先週、珍しく記者会見を開き、スロヴィキン総司令官が就任した後のロシア軍について、「戦術を変えた」、「ウクライナの軍とではなく市民と、公然と戦い始めた」と説明。「非常に寒く暗い状況」で住民の間に「混乱とパニック」を引き起こすのが目的だとした。

ゼレンスキー大統領は、この戦術を「テロ」と呼んでいる。多くのウクライナ国民は、民間人が再び標的になったことに怒っているものの、恐れてはいないとしている。

欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長ら欧米の指導者は最近、戦争の「ルール」を定めたジュネーヴ条約に基づき、主要な生活インフラへの意図的な攻撃は戦争犯罪に当たると指摘している。一方、ロシアは、あらゆる戦争犯罪を否定している。

ウクライナのドミトロ・クレバ外相は31日朝、「ロシアは戦場で戦わず、民間人と戦っている」と述べた。こうした見方は同国の多くの人に共通する。

ウクライナは、都市防衛のために防空能力を高める必要があるとしている。ドイツはすでに物資を供給しており、イギリスとアメリカも続くと発表している。

(英語記事 Ukraine war: Kyiv locals queue for water after Russian strikes

提供元:https://www.bbc.com/japanese/articles/cp9rx787g7wo

新着記事

»もっと見る