2022年12月2日(金)

BBC News

2022年11月1日

»著者プロフィール

中国・上海のディズニーリゾートは31日、新型コロナウイルス対策の厳格な「ゼロコロナ」政策のため、出入り口ゲートを閉鎖した。来場者は中に閉じ込められている。

来場者たちは、検査で陰性だと判明するまで施設外に出られないと告げられている。

周辺の商店街などがある地域も、同日午前11時30分過ぎに突然閉鎖された。

上海では10月29日、市内で感染が10件報告されていた。ディズニーリゾートは同日、新型ウイルス対策に沿って、入場者を減らして営業を始めていた。

<関連記事>


上海のディズニーリゾートが突然閉鎖したのは初めてではない。昨年11月にも、当局が接触者を追跡するためとして来場者全員の検査を命じ、3万人が閉じ込められた。

再オープンの時期は未定。上海のディズニーリゾートは、チケットは半年間有効で、払い戻しも可能だとしている。

乗り物は運転を続ける

中国ではゼロコロナ政策によって、何百万人もが時に唐突に、隔離に不適切な場所に閉じ込められる事態が、繰り返し発生している。

スウェーデンの家具大手イケアの上海店などでは、突然の閉鎖で閉じ込められるのを避けようと、店舗や職場から人々が逃げ出す場面も見られている。

上海ディズニーリゾートでは、中に閉じ込められている人たちのため、乗り物は運転を続けているという。

中国のソーシャルメディアサイトの微博(ウェイボ)に投稿された動画には、閉鎖の発表を受けてゲートに駆け寄り、すでに施錠されていることに気づく人々の姿が映っている。

上海市当局は、中国のソーシャルメディアサイト微信(ウィーチャット)への投稿で、ディズニーリゾートへの立ち入りは禁止されており、中にいる人は検査で陰性結果が出た場合だけ出られるとした。

また、10月27日以降にディズニーリゾートを訪れたことがある人は、連続する3日間で3回の陰性結果を提出する必要があるとした。

中国の厳しいコロナ対策

中国で最初の新型ウイルス感染者が報告されてから3年近くがたつが、当局は感染拡大を抑えるため、突然かつ極端な措置を取り続けている。

人口14億5000万人の中国では10月24日の時点で、1日当たり1000人以上の新規感染者が確認されている。世界的には比較的少ないが、約200カ所でロックダウンが実施されており、数百万人が行動を制限されている。

習近平国家主席は今月初め、中国は「ウイルスのまん延を食い止める国民の戦い」のさなかにあるとし、ゼロコロナ政策を緩和することはないと示唆した

中国の経済は、同政策で打撃を受けている。中国の4~6月期の国内総生産(GDP)は1~3月期を2.6%下回った。

(英語記事 Shanghai Disney visitors trapped after lockdown

提供元:https://www.bbc.com/japanese/63466631

新着記事

»もっと見る