2022年12月8日(木)

BBC News

2022年11月7日

»著者プロフィール

ゾーイ・クラインマン、テクノロジー編集長

米起業家イーロン・マスク氏によるツイッター社買収をきっかけに、一部のユーザーはツイッターに代わるプラットフォームを探している。そうした動きの中で最も大きな恩恵を受けているのが「マストドン」だ。一体どういうものなのだろうか。

マストドンによると、現在のユーザー数は65万5000人を超えている。そのうち23万人以上は先週加わったのだという。

マストドンは一見、ツイッターのように見える。アカウント・ユーザーが投稿(「トゥート」と呼ばれる)を書き、それに対して返信したり、「いいね」をしたり、リポスト(再投稿)することができる。ユーザーの相互フォローも可能だ。

しかしその裏側では、ツイッターとは異なる方法で動いている。

そのため、新しいユーザーを引きつけている一方で、新規登録者に戸惑いも与えている。

このプラットフォームは6年前に誕生した。現在、前例のないほど活発に利用されており、新規加入者の多さから対処に苦労している。

ここでは、マストドンの仕組みを簡単に説明する。

サーバーとは?

登録を済ませて最初にしなければならないのが、サーバーの選択だ。国、都市、興味(イギリス、ソーシャル、テクノロジー、ゲームなど)といったテーマごとに分かれている。

すべてのユーザーをフォローすることは可能なので、この作業は大して重要ではない。自分が興味があるものに関する内容が投稿される可能性が高いコミュニティーから始められるという仕組みだ。

ソーシャルやイギリスなど人気のサーバーは現在、需要が高まっているため非常にゆっくりとしたペースで運営されている。

自身の会社Superior Networksを通してMastodonApp.UKサーバーを運営しているライアン・ワイルド氏は、24時間で6000人以上の新規加入があり、登録を一時停止しなければならなかったと語った。

「この急増は一体何なのか、確認したかった」とワイルド氏は述べた。

「金曜日(4日)の夜10時にサーバーを放ったらかしにして、翌朝起きたら1000人も集まっていた」

どうやって人を見つける?

選択したサーバーがユーザー名の一部になる。例えば、私が現在使っているツイッターのユーザー名「zsk」を使ってUKサーバーを選ぶと、マストドンのユーザー名は@zsk@mastodonapp.ukとなる。これが私を見つけるのに必要なアドレスとなる。

同じサーバー内にいる場合は相手の名前だけで検索できるが、違うサーバーにいる場合は相手のアドレスそのものが必要になる。

ツイッターとは異なり、マストドンにはユーザーが興味を持ちそうなフォロワーをサジェスト(提案)する機能はない。

ハッシュタグを使った検索も可能だ。


なぜサーバーがある?

これは複雑な話なのだが、できるだけシンプルに説明しようと思う。

マストドンは1つのプラットフォームで成り立っているわけではなく、1つの「もの」でもなければ、1人の個人あるいは会社が所有しているわけでもない。これらの異なるサーバーはすべてつながっていて、集合的ネットワークを形成している。ただ、その1つ1つは異なる個人や組織が所有している。

これは分散型と呼ばれ、 一企業の気まぐれで運営されたり、売買されることはない。分散型プラットフォームの愛好家たちは、まさにこうした理由からこうしたプラットフォームを好んでいる。

一方で、サーバーを運営する個人や組織の気まぐれに左右されるという欠点もある。運営者がサーバーを放棄すればユーザーはアカウントを失うことになる。マストドンはサーバー所有者に対し、閉鎖する場合は3カ月前に通知するよう求めている。

ツイッターの共同創業者ジャック・ドーシー氏は、自身が取り組んでいる「BlueSky」という新しいネットワークを分散型にしたいと話している。

どのように管理・監督が行われている?

マストドンの仕組みは実に厄介だ。現在のところはすべてのサーバーに独自のモデレーション(監督・管理)ルールが存在する。ルールが全くないサーバーもあれば、「ボット」(自動投稿のSNSアカウント)だらけだったり、憎悪的なコンテンツが多そうなサーバーとはリンクしないようにしているサーバーもある。つまり、ブロックされたサーバー内にいる人からは見えなくなる。投稿についてはサーバー運営者に報告することもできる。

運営者はヘイトスピーチや違法コンテンツを削除できるが、あらゆる場所で削除されるわけではない。

このプラットフォームが成長していけば、これが大きな問題になるだろう。

すでに、憎悪的なコンテンツの標的になったという人からの報告が複数寄せられている。BBCも、同性愛嫌悪に基づく嫌がらせ事例を確認している。

広告はある?

広告は存在しない。しかし、ユーザーが自分の会社や製品を宣伝する内容を投稿するのを止めるルールも存在しない。

また、ツイッターにはユーザーが閲覧する投稿を収集、整理、提供する仕組みがあるが、マストドンにはない。つまり大抵の場合、ユーザーはフォロワーが発信した内容をそのまま目にすることになる。

無料で使える?

サーバー次第だ。無報酬で運営しているため寄付を募っているサーバーもあるが、大半は無料で利用できる。

(英語記事 Twitter users jump to Mastodon - but what is it?

提供元:https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-63538269

新着記事

»もっと見る