2022年12月2日(金)

BBC News

2022年11月9日

»著者プロフィール

8日から投開票が始まっているアメリカ中間選挙で、初のZ世代(1997年以降に生まれた世代)の連邦下院議員が誕生した。また、多くの黒人や女性、LGBTQ(性的マイノリティー)の候補者の「初当選」が報じられている。

伝統的に民主党が強いフロリダ州10区で下院に当選したマックスウェル・フロスト氏(民主党)は、現在25歳。連邦議会の出馬資格は25歳からのため、最年少の議員となる。

フロスト氏は、2012年にコネチカット州ニュータウンで起きた銃乱射事件をきっかけに活動家となった。また、民主党が若者世代にアピールできるとしている銃問題や気候変動、中絶権、保健医療の拡大などに注力し、選挙活動を進めていた。

連邦下院議員の中間年齢はここ20年で最も高くなっている。ベビーブーマー(1950年代~1964年ごろ生まれ)が大半を占め、ミレニアル世代(1980年代~1996年生まれ)はわずか6%しかいない。だがフロスト氏の当選により、中間年齢が大きく下がる見込みだ。

フロスト氏はツイッターで、「私はフロリダ州民やZ世代、そしてより良い未来を願う全ての人のために歴史を作った」と述べた。

「連邦議会で地元を代表できる機会を得たことに、感謝してもしきれない」

フロスト氏はまた、史上初のアフロ・キューバ系の下院議員だという。

両党から初の女性州知事が誕生

マサチューセッツ州では、民主党のモーラ・ヒーリー氏がアメリカ初のレズビアンを公言している州知事となった。ヒーリー氏は同州初の女性知事でもあり、共に当選したキム・ドリスコル副知事とあわせ、初めて女性が州のツートップを担うことになる。

同州は8年にわたり共和党の州知事がいたが、ヒーリー氏はドナルド・トランプ前大統領の支持を得ていたジョフ・ディール候補を破っての当選となった。

ヒーリー氏は、以前は同州の司法長官を務め、2030年までにネットゼロを目指すなど力強い気候変動対策を打ち出していた。また、選挙活動では育児支援や職業訓練の拡大に加え、安全かつ合法な中絶権の確保をうたっていた。

マサチューセッツ州ではまた、アンドレア・キャンベル氏が初の黒人女性司法長官に選ばれた。

アーカンソー州知事選では、トランプ政権の報道官を務めていたサラ・ハッカビー・サンダース氏(共和党)が勝利。こちらも同州初の女性知事となった。

サンダース氏の父親のマイク・ハッカビー氏もアーカンソー州知事を務めた経歴があり、父娘で同じ州の州知事を務めるケースは初めてだという。

アーカンソー州もマサチューセッツ州と同様、初めて女性が州知事と副知事を務める

ベストセラー作家からアメリカ3人目の黒人知事

メリーランド州では、民主党のウェス・ムーア氏が同州初のアフリカ系知事となった。アメリカでアフリカ系の州知事はこれで3人目となる。

ベストセラー作家で、反貧困団体「ロビン・フッド」の元代表でもあるムーア氏は、「今夜、私がここで歴史を作ったことは、私にとって忘れられない出来事になる。だが、そうしようと試みたのは私が初めてではない」、「今後4年間で私たちとこの州の人たちのが作っていくものが、何より大事な歴史になる」と語った。

また、アンソニー・ブラウン氏が同州初の黒人州司法長官となった。

ニューヨーク州では、セクハラ問題で退任したアンドリュー・クオモ氏の後任キャシー・ホークル州知事が当選し、選挙で選ばれた初の女性知事となった。

議会にも新しい風

アラバマ州では、ケイティー・ブリット氏(共和党、40)が選挙を経た初の女性上院議員となった。同州ではこれまでにも2人の女性上院議員がいたが、共に前任の退任に伴って就任していた。

ブリット氏は、共和党の女性上院議員の中で唯一、学齢期の子供がいる議員になると述べ、若者のためのより良い未来を約束。2022年は「子供を持つ親の年」だと話していた。

ヴァーモント州では民主党のベッカ・バリント候補が女性としても、また同性愛者を公言している人としても、初めて同州選出の上院議員となった。ヴァーモント州はアメリカで唯一、女性を上院に送ったことのない州だった。

カリフォルニア州ではアレックス・パディラ氏(民主党)が同州初のヒスパニック系上院議員となった。カリフォルニア州は人口の4割がヒスパニック系。

イリノイ州でも、デリア・ラミレス候補(民主党)が同州初のヒスパニック系女性下院議員となった。

ペンシルヴェニア州では民主党のサマー・リー候補が同州初の黒人女性下院議員となった。

ニューハンプシャー州では、ジェイムズ・ローズナー候補(民主党)がアメリカ史上初めて、州議会で議席を獲得したトランスジェンダー男性となった。米紙ワシントンポストによると、今年7月の時点で55人のトランスジェンダーの人々が中間選挙への出馬を表明していた。

ローゼナー氏は同州における中絶権の保護や賃金格差の是正を掲げていたほか、同性婚の保護などを保証する法案を支持している。

(英語記事 Live Page/Maxwell Frost to be first Gen Z member of Congress/ Key governor races to watch and why/Candidates making history in the midterms

提供元:https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-63565705

新着記事

»もっと見る