2022年12月8日(木)

BBC News

2022年11月18日

»著者プロフィール

アメリカの連邦下院で20年近く民主党を率いてきたナンシー・ペロシ下院議長(82)が17日、党指導部を退くと発表した。下院では中間選挙の結果、共和党が4年ぶりに多数派となることが確実な情勢となっている。

ペロシ議長は女性初の下院議長だった。下院議長は大統領権限の継承順位では副大統領に続く、米政界有数の有力者。最近では、ドナルド・トランプ前大統領の弾劾に大きくかかわった。2020年2月の一般教書演説では、トランプ氏の後ろでその演説原稿を一気に破る様子が話題になった。

ペロシ氏はこの日の下院で、「私はかつて、自分がいつか主婦から下院議長になるなど、思ってもみませんでした」と述べ、「私は次の議会で民主党指導部に立候補しません。新しい世代が民主党議員団を率いる時が来ました」と表明した。

ジョー・バイデン米大統領は声明で、ペロシ氏が「この国の歴史で最も大きな役割を果たした下院議長」だったとたたえた。

ペロシ氏は今後もカリフォルニア州の地元選挙区を代表する下院議員として、議員活動を続ける。1987年に初当選し、今回の中間選挙でも再選を果たしたペロシ氏の、下院議員としての任期は、2025年1月まで。

次の下院議長は、共和党のケヴィン・マカーシー議員(カリフォルニア州)が就任する見通し。ペロシ氏は来年1月に、中間選挙の結果を受けた新しい議会が招集されるまで下院議長にとどまる。

下院では、議長や各委員会の委員長が中心となって、議題や議論の規則、どの法案を採決にかけるかなどを決める。

民主党の次の下院トップとなる院内総務には、ニューヨーク州のハキーム・ジェフリース議員が選ばれる見通しとなっている。実現すれば米連邦議会初の黒人の院内総務となる。

ペロシ氏は2003年に、当時少数党だった民主党の院内総務となった。民主党はその後、2006年に下院で多数党となり、議長となったペロシ氏は上下両院の歴史で初めて、女性として多数党を率いた。2010年に再び民主党は下院の少数党になったが、2018年に多数党に返り咲き、ペロシ氏は再び議長になった。

今年10月28日には、サンフランシスコにあるペロシ氏と夫ポール氏(82)の自宅に男が押し入り、ポール氏に重傷を負わせた。頭蓋骨にひびが入り、右腕や手に重傷を負ったポール氏は、搬送先の病院で手術を受けた後、事件から6日後に退院し、自宅での療養生活に入った。調べによると、男は「ナンシーはどこだ」と叫び、ペロシ議長を人質にとるつもりでいたとされる。こうした状況から、ペロシ議長の去就が注目されていた。

党指導部を引退を表明したペロシ氏は、同僚たちが祈ってくれたことに感謝し、「愛する人生のパートナー、私を支えてくれる柱」に言及した。同僚議員たちは立ち上がり、拍手で議長をたたえた。

ペロシ氏の元首席補佐官、ジョン・ローレンス氏はBBCに対して、下院の新人議員の助言役としてペロシ氏は重要な役割を果たしていくことになると話した。また、民主党が下院で再び少数となった今、ホワイトハウスとの連携にも力を注ぐことになると説明した。

4人の大統領を相手に

下院議長としてペロシ氏は、複数の大統領の政策実現に協力したり、あるいは実現を阻んだりした。

バラク・オバマ元大統領にとって最大の業績のひとつとなった医療保険制度改革は、ペロシ氏が法案成立の立役者だったとされている。現在のバイデン大統領のもとでは、1兆2000億ドル規模のインフラ投資法気候変動対策の推進を支援した。

他方、トランプ前大統領とは、2度にわたる弾劾訴追のほか、国境の壁建設シリア情勢、さらには昨年1月の議会襲撃事件などに関して、たびたび公然と激しく対立した。

<関連記事>


BBCのアンソニー・ザーカー北米担当記者は、ペロシ氏が民主党にとっては余人をもって代えがたい貴重な存在で、共和党にとっては手ごわい相手だったとして、アメリカの歴史上もっとも成果を出す下院議長の1人だったと評した。

「立法に関する巧みな才覚、さまざまな意見で揺れる党内をいざというときにはひとつにまとめる求心力、政治という劇場で伍していくための直観力によって、ペロシ氏は議会有数の実力者となったし、反対勢力からの批判を一身に集める避雷針のような存在となったと、ザーカー記者は書く。

「政治的な感覚は揺るぎなくさえわたり、立法措置のタイミングを見極める能力(いつ押したらいいか、いつまったらいいか、採決で勝つには何が必要か)は、完璧だった」とも評した。

ただし、下院を束ねる政治手腕がそれだけ優れていたからこそ、右派にとっては攻撃しやすい化け物のような存在となったと、ザーカー記者は指摘する。

昨年1月の議会襲撃においては、トランプ大統領の支持者たちが「ナンシーはどこだ」と議会内を探し回り、議長事務所に押し入って荒らした上、議長の机に足を載せて記念撮影するなどの行為に及んだ。

ペロシ氏が約20年にわたり下院の民主党議員団を強力に束ね続けたことで、党内の若いリーダーの育成と昇進が遅れたとも、ザーカー記者は指摘する。

(英語記事 Nancy Pelosi stands down as leader of US House Democrats

提供元:https://www.bbc.com/japanese/63672063

新着記事

»もっと見る