2022年12月9日(金)

BBC News

2022年11月24日

»著者プロフィール

強豪ドイツを破ったという大成果の大きさからすれば、すぐに夜通しのお祝いに突入しても当然だったはずだ。しかし日本のサポーターたちは、どんな状況だろうと、最高のマナーや習慣とは体に染みついたもので、何があろうとそれに沿って行動するのだと、行動をもって表した。

試合終了後のスポーツスタジアムといえば、食べ物のトレイや包み紙、飲み物の空カップが散乱しているのがふつうだ。それらは清掃スタッフが片付けることになる。

だが、サッカー日本代表のサムライブルーが来ている街では話は別だ。

ワールドカップ(W杯)カタール大会の日本対ドイツ戦があったハリファ国際スタジアムでは、過去4度優勝のドイツに2-1で見事に勝利した日本の選手たちがピッチから姿を消すと、すぐに日本人サポーターらは喜びに浸るのを中断させ、ごみを拾い出した。

BBCスポーツは公式ツイッターアカウントに、その動画を投稿し、「日本のファンたちの品位ある振る舞い」とたたえた(※編集部注=日本では動画は見られません)。

https://twitter.com/BBCSport/status/1595468495524724736


4年前のロシア大会でも同じ光景が見られた。ベスト16に進んだ日本がベルギーに2-3で逆転負けした試合の後でさえ、その行動は変わらなかった。そして今大会、開催国カタールとエクアドルの開幕戦の終了後にも、また同じことが繰り返された。自分たちが応援するチームとは無関係の試合なのにだ。

観客席にとどまらない。国際サッカー連盟(FIFA)は、ドイツ戦で日本代表が使用したドレッシングルームの写真をツイッターに投稿。試合後の選手やスタッフたちがごみひとつない状態で後にしたことをたたえ、「Domo Arigato(どうもありがとう)」と書いた。

https://twitter.com/FIFAcom/status/1595540563306094603


日本では、清潔さは文化の一部だ。幼少期から、たたきこまれる。

大阪大学のスコット・ノース教授(社会学)は、日本人にとって片付けや整理整頓は、「自分たちの生き方をいかに誇らしく思っているか、示す」方法なのだと、2018年にBBCに話した。

「サッカーの試合後の片付けは、子どもたちが学校の教室や廊下を掃除するという、学校で教わる基本動作の延長線上にある」と、ノース教授は話した。

グループEの日本は、27日にコスタリカと、来月1日にスペインと対戦する。

たとえ日本が優勝できなくても、そのサポーターたちはすでに勝者だ。

(英語記事 Japan fans delay celebrations to clean up stadium

提供元:https://www.bbc.com/japanese/63742216

新着記事

»もっと見る