2023年1月30日(月)

BBC News

2022年12月31日

»著者プロフィール

キリスト教カトリック教会の前ローマ教皇ベネディクト16世が31日に死去した。95歳だった。ローマ教皇庁(ヴァチカン)によると、ヴァチカン市内の修道院で亡くなった。フランシスコ教皇は28日、年末の祈りの際に弱っている前教皇のために祈ってほしいと呼びかけていた。

教皇庁は声明で、「本日午前9時34分、名誉教皇ベネディクト16世が、ヴァチカン内の『教会の御母』修道院で亡くなったことをお知らせします」と発表した。遺体は1月2日からサンピエトロ大聖堂に安置される、葬儀は5日にヴァチカンで執り行われるという。

ベネディクト16世は2005年4月、78歳で史上最年長で教皇となり、2013年2月に高齢と体調不良を理由に85歳で辞任した。在任中の教皇が自ら辞任するのは、1415年のグレゴリウス12世以来のことだった。

前教皇はこのところ体調不良が続いていた。フランシスコ教皇は28日にも年内最後の一般謁見(えっけん)で、「ベネディクト名誉教皇のため特別の祈りを捧げてもらいたい」と呼びかけていた。フランシスコ教皇は、たびたび病床の前教皇のもとを訪れていたという。

死去発表からしばらくして、フランシスコ教皇は「最愛」の前任者をたたえるコメントを発表。前教皇による「教会のための献身」を強調した。

米ホワイトハウスは、「高名な神学者」として記憶される前教皇は「自らの信念と信仰に導かれ、生涯を教会にささげた」とするジョー・バイデン大統領の声明を発表した。

バイデン氏はカトリック教徒で、2011年にヴァチカンを訪れ前教皇と会談している。アメリカでカトリック教徒が大統領になるのは、ジョン・F・ケネディー元大統領に続き2人目。

イギリスではチャールズ国王が、前教皇の死去を「深く悲しんでいる」とコメント。フランシスコ教皇に追悼の意を伝えた国王は、前教皇が「絶えず平和と、すべての人への善意を推進しようと努力していた」と称賛した。また、カトリック教徒とイギリス国教会信者の結びつきを強めようと、前教皇が努力していたこともたたえた。

イングランドとウェールズでカトリック教会を率いるヴィンセント・ニコルズ枢機卿は、ベネディクト前教皇は「20世紀で最も偉大な神学者の一人だった」とコメント。「この国への2010年の素晴らしい教皇訪問を、特に懐かしく思い出す。(前教皇は)礼節にあふれ、穏やかで、洞察力に優れ、出会う人すべてをオープンに歓迎する様子を、私たちは目にした」と述べた。

「とことん紳士で、とことん学者で、とことん人を守り導く聖職者で、とことん神の人だった。主に近く、主に常につつましく仕えていた」と、枢機卿は前教皇をしのんだ。

ベネディクト前教皇は1927年4月に、ヨゼフ・ラッツィンガーとしてドイツ南部で生まれた。教皇としての在任中は、各地のカトリック教会で長年にわたり司祭ら教会関係者による子供への性的虐待が続いた問題が相次いで表ざたになり、カトリック教会への非難が高まった。

前教皇は今年2月、自分が独南部ミュンヘン司教区の大司教を務めていた1977年から1982年にかけて、性的虐待事案への対応に誤りがあったことを認め、教皇庁がその書簡を公表した

(英語記事 Former Pope Benedict XVI dies at 95

提供元:https://www.bbc.com/japanese/64134133


新着記事

»もっと見る