2023年1月30日(月)

BBC News

2023年1月13日

»著者プロフィール

携帯電話などの電子機器やミサイルにも使用されるレアアース(希土類)の鉱床がスウェーデンで見つかった。ヨーロッパ最大とされる。同国が12日、発表した。

スウェーデンの最北部でレアアース100万トン以上が発見されたと伝えられている。

ヨーロッパでは現在、レアアースは採掘されていない。欧州連合(EU)で2021年に使われたレアアースのうち、98%近くは中国から輸入されたものだった。

今回の鉱床の発見は、脱炭素社会を目指す「グリーン移行」の点でも「決定的」な意味をもつとみられている。電気自動車や風力発電タービンの製造で、レアアースの需要が増すとみられているからだ。

スウェーデンのエバ・ブッシュ・エネルギー相は12日の記者会見で、今回の発見を、EUの中国への依存度を下げるものだと称賛。「これらの素材を(EUは)あまりに他国に依存している」とし、変革が必要だと訴えた。

そして、「電化、EUの自給自足、ロシアや中国からの独立は、この鉱床から始まる」と強調した。

「石油やガスより重要になる」

レアアースは、17種類の元素の総称。携帯電話、ハードディスク、電車など、さまざまな製品やインフラに使われており、日常生活での重要度が増している。

また、風力発電タービンや電気自動車などのグリーンテクノロジーにとっても重要だ。ミサイル誘導システムのような軍事機器にも不可欠となっている。

2030年までに需要は現在の5倍に膨らむとみられている

EUのティエリー・ブルトン委員(域内市場担当)は昨年、「リチウムとレアアースは近いうち、石油やガスより重要になる」との見方を示した。

アメリカの試算では、レアアースの世界全体の埋蔵量は1億2000万トンとされる。これに照らすと、スウェーデンでの発見はごくわずかだ。

レアアースの採掘は困難で、環境を破壊する恐れもある。

スウェーデン国営の鉱業会社LKABのヤン・モストロム最高経営責任者(CEO)は、新たに発見された鉱物が市場に出回るのは10~15年後かもしれないと述べた。環境リスク評価を実施するため、許認可プロセスには時間がかかるとされる。

モストロム氏は「ヨーロッパでこの種の鉱物の採掘を増やす」ため、当局に許認可を早めるよう求めた。

(英語記事 Europe's biggest rare earth metals deposit found

提供元:https://www.bbc.com/japanese/64258578


新着記事

»もっと見る