2023年2月8日(水)

BBC News

2023年1月18日

»著者プロフィール

気候変動活動家のグレタ・トゥーンベリさんが17日、ドイツ西部の炭鉱をめぐる抗議活動で警察に一時拘束された。

ドイツ・リュツェラート村では、炭鉱の拡張とそれに伴う廃村に反対する気候変動活動家らが、先週から抗議活動を行っている。

警察によると、トゥーンベリさんは、活動家グループが同村から9キロほど離れた炭鉱ガルツヴァイラー2の「鉱脈に向かって走り出した」際に拘束された。

トゥーンベリさんは逮捕されてはおらず、身分証の確認後に解放されたという。警察はまた、今回拘束された人々が起訴されることはないとした。

現場で撮影された映像には、警官に連行される笑顔のトゥーンベリさんが映っている。

警察はロイター通信に対し、男性1人が炭鉱内に入り込んだと話した。

警察は11日からリュツェラート村で活動家の排除に乗り出し、14日には、抗議に集まった活動家らと衝突した。

トゥーンベリさんはこの日の抗議にも参加し、警察による排除を「警察の暴力」だと非難していた。

活動家団体は、14日の抗議には3万5000人が参加したと発表。一方、警察は1万5000人としていた。警察は、週末中にリュツェラート村から全ての活動家を排除したと発表していた

露天掘りのガルツヴァイラー褐炭鉱は、独エネルギー大手RWEが運営している。リュツェラート村は、最後の住民が1年前に退去した後、RWEの所有となっている。

活動家らは、リュツェラートや近隣の村は廃村にすべきでなく、その地下にある石炭も地中に残すべきだと主張。石炭を燃やせば、ドイツでの温室効果ガス削減努力が無駄になると指摘している。

ドイツ政府は、石炭火力発電からの撤退期限を2038年から2030年に前倒ししている。そうした中、リュツェラートは、ガルズヴァイラー炭鉱に飲み込まれる最後の村になるとされている。

RWEは、今冬にもリュツェラート村の地下にある石炭が必要になるとしている。

政府も、ロシアがガス供給を止めていることから、エネルギー需要に対応するために炭鉱の拡大が必要だとしている。

(英語記事 Greta Thunberg detained at German coal protest

提供元:https://www.bbc.com/japanese/64313569


新着記事

»もっと見る