2023年2月8日(水)

BBC News

2023年1月18日

»著者プロフィール

ウクライナのオレクシー・アレストヴィッチ大統領顧問が17日、辞意を表明した。ウクライナ東部ドニプロペトロウシク州ドニプロの集合住宅に対するロシアのミサイル攻撃について、ウクライナの迎撃ミサイルが着弾した可能性を示唆していた。この攻撃では多数の住民らが死傷した。

14日にあったミサイル攻撃では、9階建て集合住宅が壊滅的な被害を受けた。ウクライナ当局によると、これまでに44人の死亡が確認され、まだ複数人が行方不明となっている。ドニプロ市のボリス・フィラトフ市長は、生存者が見つかる可能性は「最低限」だと述べている

アレストヴィッチ大統領顧問は攻撃の数時間後、ウクライナの迎撃ミサイルが着弾したようだと発言。国内で怒りの声が広がっていた。プロパガンダを展開するロシア側の立場を強めるものだとの非難も上がった。アレストヴィッチ氏を政府高官から解任するよう求める嘆願書に署名した国会議員もいた。

この発言は実際に、民間施設を攻撃したのはウクライナだと主張するロシア政府のプロパガンダに利用された。

ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、ロシアは「住居ビルを攻撃しない」とし、ドニプロの集合住宅の被害はウクライナの防空システムによるものだと示唆した。そして、「ウクライナ側の一部の代表者」も同じ結論に至っていると主張した。

<関連記事>

「根本的な過ち」を犯した

アレストヴィッチ氏は17日、「根本的な過ち」を犯したと謝罪した。

「犠牲者とその親族、ドニプロ市の住民、そしてロシアのミサイルが集合住宅に着弾した原因をめぐる私の早とちりにより深く傷ついたすべての人に心から謝罪する」と、 メッセージアプリ・テレグラムに投稿した。

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領はこれまでのところ、アレストヴィッチ氏の辞意表明についてコメントしていない。

ユーチューブで日々のアップデートを発信してきたアレストヴィッチ氏は、ロシアとの戦争におけるウクライナの「顔」の1人。チャンネル登録者数は160万人以上で、動画の再生回数はしばしば20万回を超える。ウクライナ当局者としてはめずらしく、ウクライナ語ではなくロシア語で話している。

ウクライナは、集合住宅への攻撃にはロシアのKh-22ミサイルが使われたとしている。同ミサイルは精度が極めて低いと報じられている。現在のウクライナ軍の迎撃ミサイルにはKh-22ミサイルを撃墜できる能力はない。

(英語記事 Zelensky adviser resigns over Dnipro remarks

提供元:https://www.bbc.com/japanese/64313614


新着記事

»もっと見る