2023年1月30日(月)

BBC News

2023年1月18日

»著者プロフィール

ネパールで発生した旅客機墜落事故で、コックピットにいた副操縦士の夫も16年前に副操縦士として墜落事故に遭い、死亡していたことが明らかになった。

アンジュ・カティワダさんは、15日朝に観光地ポカラに近い渓谷に墜落したイエティ航空691便の副操縦士だった。乗客乗員72人は全員、生存が絶望視されている。

カティワダさんの夫のディパク・ポクレルさんもまた、イエティ航空で副操縦士をつとめていた。

ポクレルさんが操縦し、米などの食料を運んでいたプロペラ機「ツイン・オッター」は2006年6月、西部の町ジュムラで墜落炎上。ポクレルさんを含め、乗っていた9人全員が死亡した。

幼い子どもを残して夫に先立たれ、カティワダさんは悲嘆にくれた。しかし、その悲しみを原動力に、パイロットになろうと一大決心。事故の4年後、多くの障害を乗り越え、アメリカで訓練を開始した。

その後、見事に資格を取得。イエティ航空に入社した。

「彼女は自分の夢を追い、夫の夢をかなえるんだと決意していた」。カティワダさんの親族のサントシュ・シャルマさんは、そう振り返った。

<関連記事>


キャリアを積みながら新たな家族も

カティワダさんはその後、パイロットのキャリアを積みながら再婚。2人目の子どもをもうけた。

友人や家族によると、カティワダさんは仕事を愛していたという。

イエティ航空では、女性パイロット6人のうちの1人だった。飛行時間は6400時間近くに上っていた。

同社のスダルシャン・バルタウラさんは、「彼女は単独飛行もしてきた正機長だった。勇敢な女性だった」と、カティワダさんをしのんだ。

今回の墜落の原因は、まだ明らかになっていない。

ネパールでは航空機事故が繰り返されている。山岳地形や、予測不能なことも多い天候が、操縦を難しくしているとされる。旧型の機体や、緩い規制、監視の目が届きにくいことも、事故の要因だとする指摘もある。

(英語記事 Nepal co-pilot's husband died in 2006 plane crash

提供元:https://www.bbc.com/japanese/64313561


新着記事

»もっと見る