2023年1月30日(月)

BBC News

2023年1月19日

»著者プロフィール

ウクライナの首都近郊で18日朝にヘリコプターが墜落し14人が死亡したことを受け、原因究明が進められている。ウォロディミル・ゼレンスキー大統領は同日、墜落はロシアとの戦争が引き起こしたとの考えを示した。

ヘリコプターは午前8時30分ごろ、キーウ近郊ブロヴァリの幼稚園の近くに墜落した

当局によると、デニス・モナスティルスキー内相(42)や内務省高官ら、ヘリに乗っていた9人と地上の5人が死亡した。地上の死者の1人は子どもだという。

墜落が事故以外だと示すものは見つかっていない。ウクライナ側は、ロシアが関与したとの主張はしていない。

しかしゼレンスキー氏は、スイス・ダボスで開催中の世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で、「戦時中に事故はない」とビデオ回線を通して述べた。

複数の可能性を調査

ヘリ墜落の原因については、ウクライナ保安局(SBU)がいくつかの可能性を追っている。破壊工作、技術的な不具合、飛行規則違反などが含まれるという。

ウクライナ高官らを乗せたヘリは、探知されないよう低空でウクライナ各地を移動している。そうした飛行はリスクが高くなる。

墜落を目撃した住民らも、ロシアとの戦争が原因だと話した。

ウォロディミル・イェルメレンコ氏は、「霧がとても濃く、電気もなかった。電気がなければ建物は照明がつかない」とBBCに述べた。

他の目撃者は、墜落直前にヘリのパイロットは高層の建物を避けようとし、幼稚園の近くに落ちたと話した。

住民の女性は、自宅がある10階建て集合住宅の上空をヘリが旋回し、ひどい閃光(せんこう)が発生していたとBBCに説明。パイロットは明らかに集合住宅を避け、より小さな建物の近くにヘリを降下させたと言った。

墜落現場に残されたものでヘリの一部だと分かるのは、車の屋根の上に落ちたローターの1つとドアパネルだけだった。すぐ横には、アルミシートで覆われた3体の遺体が置かれていた。

<関連記事>


住民らが子どもを避難

墜落は、出勤前の親たちが子どもを幼稚園に送っていたさなかに起きた。

地元ボランティアのリディヤ氏は、「親たちは走り回り、叫び声をあげていた。パニックだった」と話した。幼稚園に火の手が広がるなか、救急隊と住民らが急いで子どもたちを避難させたという。

住民のドミトロ氏は、フェンスを飛び越えて子どもたちを助け出したと話した。ポリーナという名の少女は顔が血まみれになり、彼女の名前を呼びながら駆けつけた父親は最初、娘だと分からなかったという。

ゼレンスキー氏は、「この悲痛は言葉にできない」、「ヘリコプターが落ちたのは幼稚園の敷地だった」と述べた。

今回の墜落では、地上にいた人たちも多数死傷した。地上でけがを負った25人のうち11人は子どもだった。

ハルキウの前線付近に向かう途中

大統領府のキリロ・ティモシェンコ副長官は、死亡したモナスティルスキー内相らについて、戦争の「ホットスポット」に向けて移動中だったと説明した。

北東部ハルキウ市の警察トップのウォロディミル・ティモシュコ氏によると、内相らはこの日、市内で同氏と会う予定だった。内相らと同氏は、前日に話をしたばかりだったという。

モナスティルスキー内相は、ゼレンスキー大統領の側近を最も長く務めてきた1人。内務省は戦時下で保安と警察運営を担っており、そのトップの死は、ウクライナ政府にとって大きな打撃となった。

内相の友人のマリア・メゼンツェワ議員は、「彼は同僚、友人、家族に対して年中無休で対応していた。ゼレンスキー大統領とは、選挙運動の初日からとても親しかった」とBBCに話した。

内相が死亡したことを受け、国家警察のイホル・クリメンコ長官が内相代行に就任した。

(英語記事 Zelensky says fatal crash was consequence of war

提供元:https://www.bbc.com/japanese/64327433


新着記事

»もっと見る