2024年2月26日(月)

BBC News

2024年2月6日

イギリス王室は5日夜、国王チャールズ3世(75)が、がんの一種と診断されたと発表した

がんの種類は明らかにされていない。前立腺肥大症の治療中に発見されたが、前立腺がんではないという。

王室によると、国王は5日、「定期的な治療」を開始した。治療中は、表立っての公務を延期する。

王室の発表の全文は次の通り。

「国王がこのほど、良性の前立腺肥大症のため入院治療を受けた際、それとは別に、懸念される所見が見つかりました。その後、複数の検査を実施したところ、がんの一種だと判明しました。

国王陛下は本日、定期的な治療のスケジュールを開始しました。治療の間、表に出る公務は延期するよう、医師団から助言を受けています。この間、陛下は引き続き国務と公式な書類作業は継続します。

国王は、速やかに対応してくれた医療チームに感謝しています。これは、病院で最近、診療を受けたおかげです。国王は自分の治療について完全に前向きで、できるだけ早く公務に完全復帰することを楽しみにしています。

陛下が自分についての診断を公表することにしたのは、憶測を防ぐためと、そして世界中でがんの影響を受けるすべての人のため、世間の理解の助けになればと期待してのことです。

以上」

(英語記事 Buckingham Palace statement in full: King Charles diagnosed with cancer

提供元:https://www.bbc.com/japanese/articles/cw0len72p5no


新着記事

»もっと見る