2024年4月19日(金)

BBC News

2024年3月23日

イギリス王室のキャサリン皇太子妃(42)は22日、がんの診断を受け、治療の初期段階にあると発表した。

動画での声明で皇太子妃は、がんの診断は「非常につらい数カ月」の後に受けたもので、「大きな衝撃」だったと語った。

一方で、「私は元気で(中略)毎日強くなっています」と前向きなメッセージを発した。

キャサリン皇太子妃は今年1月に腹部の手術を受け、公務を数カ月休んでいる。この手術後の検査で、がんがあったことがわかったのだと、皇太子妃は説明した。

がんの種類は明らかにされていない。

キャサリン皇太子妃をめぐっては、ここ数週間にわたって憶測や陰謀説が飛び交っており、ウェールズ公ウィリアム皇太子夫妻の公務を管理するケンジントン宮殿はプライバシーを尊重するよう求めていた。

提供元:https://www.bbc.com/japanese/articles/cp9e7zylgm0o


新着記事

»もっと見る