2024年6月14日(金)

BBC News

2024年6月11日

韓国軍合同参謀本部は11日、軍事境界線で9日午後0時半ごろ、複数の北朝鮮兵が誤って韓国側に一時的に入ったため、警告射撃をしたことを明らかにした。

北朝鮮の兵士たちは、つるはしなど屋外作業用の道具を持っていたという。

約20人が一時的に、韓国側にいたものの、韓国軍が警告射撃をすると、すぐ北朝鮮側に戻ったという。

韓国軍によるとこの後、北朝鮮側に特に目立った動きはなかった。

「境界線周辺の内側は、植生が生い茂っており、境界の標識は見えなくなっている。小道もなく、(北朝鮮の兵士たちは)植物をかき分けていた」と韓国軍は説明した。

南北朝鮮間ではこのところ、北朝鮮がごみの入った風船を韓国側に飛ばし、韓国は対抗措置として、軍事宣伝放送やK-Pop音楽などを北朝鮮に向けて流している。

また、韓国の市民団体は、北朝鮮の体制批判のビラを風船で飛ばしている。

(英語記事 Warning shots from South as NK soldiers cross border

提供元:https://www.bbc.com/japanese/articles/cw448dkv001o


新着記事

»もっと見る