Back numberバックナンバー

2020年3月号

2020年220日発売

定価550円(税込)

特集

明智光秀 

―天下の面目をほどこし候

旅人=山本博文 構成・文=ペリー荻野 写真=荒井孝治

試し読み WEDGE infinityで試し読み

購入する

buynavi-arrow 紙面を購入 定期購読約25%OFF お申込み前に必ずご確認ください

特集

明智光秀 

―天下の面目をほどこし候

「天下の面目をほどこし」とは、織田信長が明智光秀に贈った賛辞です。
しかし、この後2年足らずで光秀は本能寺に信長を討つことになるのでした。
そして動機はいまだわからぬまま、生年もさだかでなく、出身地さえ数カ所が取りざたされています。
歴史学者で東京大学史料編纂所教授の山本博文さんがその足跡を岐阜、滋賀、京都へとたどります─

 

【お知らせ】

2020年3月号で紹介した以下のイベントは中止になりました。

 

・「鳥取・青谷上寺地遺跡の奇跡」(40頁) 

 展覧会『青谷上寺地遺跡の世界 ラグーンに生きる弥生人の挑戦』期間中に開催される

 フォーラム『ここに注目!“青谷上寺地遺跡の世界”』とギャラリートーク

 ※展覧会は開催しています

 

・「旅の小箱」(77頁) 

『平安神宮 紅しだれコンサート2020』

旅人=山本博文 構成・文=ペリー荻野 写真=荒井孝治