Back numberバックナンバー

古くて新しい奈良酒

ページをシェアする

2021年10月号

2021年920日発売

定価550円(税込)

特集

古くて新しい奈良酒

――酒の神がすまう郷へ

旅人=和田明日香 文=瀬戸内みなみ

最新号を試し読み ほんのひとときで試し読み

購入する

buynavi-arrow 紙面を購入 定期購読特別価格 お申込み前に必ずご確認ください

特集

古くて新しい奈良酒

――酒の神がすまう郷へ

奈良は酒造りとの関わりが深く、「日本清酒発祥の地」とされる正暦寺や、杜氏の神である高橋活日命を摂社に祀り、酒林(杉玉)の起源の社として知られ、全国の酒造関係者が訪れる「醸造安全祈願祭」を執り行う大神神社などが点在しています。そんな酒のふるさと・奈良では、伝統の上に革新の酒を醸す酒蔵が増えています。料理家の和田明日香さんと巡りながら、風土を大切にして酒造りに邁進する人・蔵・酒をご紹介します。

旅人=和田明日香 文=瀬戸内みなみ