書籍詳細

老舗の京野菜歳時記
下鴨茶寮女将 佐治八重子 著

目次
立ち読み

京都の老舗料亭「下鴨茶寮」の女将・佐治八重子氏は、京野菜を関係者と共に守り、育て、他の料亭に先駆け、50年以上前から積極的にメニューにも取り入れてきました。また先代女将の佐治政子氏は、戦後すぐ四代目の女将になったのと同時期に、失われつつある京野菜の伝統を伝えたいと、京野菜を画題にした油絵の創作を始めました。鷹峯や鹿ケ谷の農家が早朝、自宅に届ける京野菜や、自分の畑で育てた野菜を忙しい本業の傍ら描き続け、130点の油絵を残しています。
本書は、先代女将の貴重な画と共に、現女将の愛して止まない京野菜への思い、京都の移ろい、日々の行事、多忙な女将の仕事を綴った、初めての著作です。

<書籍データ>
◇A5判変型並製(オールカラー)、104頁 
◇定価:本体1,200円+税
◇2011年1月20日発売
◇ISBN: 978-4-86310-079-4

<著者プロフィール>

佐治八重子(さじ・やえこ)
1929年京都府生まれ。
正統派懐石料理を守る「下鴨茶寮」の次女として生まれ育ち、2000年に5代目女将となる。三席の茶室を活かし、作法や茶懐石を味わえる茶事教室や世界遺産・下鴨神社での挙式の後のブライダルにも対応している。また、本物の京野菜に関しては、京都の料亭では最も早くから取り組み、京野菜を継承する農家さんとの連携の下、様々な研究、開発に自ら畑に向かう。京都商工会議所議員。

 

 

 

 

老舗の京野菜歳時記

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年12月号

2017年12月号(11月20日発売)

特集
国立大学の成れの果て

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年12月号

2017年12月号

特集
棟梁たちの明治維新 神戸・姫路の木造建築

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。