書籍詳細

夢みるチョコレート工房 ―― 働く喜びをつくるということ
伊藤紀幸 著

目次
立ち読み

 

 

不動産評価ビジネス分野で実績を上げていた著者・伊藤紀幸さんの人生は、30歳のとき、知的障がいを持つ息子を授かったことで大きく変わり始めました。日本での知的障がい者の賃金があまりに安いことを知った伊藤さんは、その将来を案じ、ならば知的障害者が働き、もっと稼ぐことのできる場を作ろうと、紆余曲折の末に、2012年、チョコレート工房「ショコラボ」を開業しました。いまやショコラボは、デパートのバレンタイン催事等でも人気のチョコレート工房に成長しています。
本書は、横浜市にある小さなチョコレート工房「ショコラボ」の愛があふれる起業ストーリーをまとめた1冊です。親子の愛、障がい者福祉、起業の面白さ、経営することの難しさやワクワク感、モノづくりの喜びなど、さまざまなテーマがぎゅっと詰まっています。

 

>>Amazonで購入する

>>紀伊國屋書店ウェブストアで購入する

>>セブンネットで購入する

>>楽天ブックスで購入する

>>hontoで購入する

 

電子書籍でもご購入いただけます!
>「Amazon」で購入する

>「楽天kobo」で購入する

>「kinoppy(紀伊國屋書店)」で購入する

>「BookLive!」で購入する

<書籍データ>
◇四六判並製 188ページ
◇定価:本体1,400円+税
◇発売日:2018年2月9日
◇ISBN:978-4-86310-195-1

<著者プロフィール>

一般社団法人AOH代表理事。1965年生まれ。
大学卒業後は金融畑を歩むも、30歳の時に障がいを持つ息子を授かり、障がい者が働ける会社の起業を決心して脱サラ。構想から10年、2012年9月一般社団法人AOHを設立する。同年11月障がい者の雇用の場の創出と工賃アップを目指し、就労移行支援施設「ショコラボ」を開設。2015年5月継続支援B型も増設。ショコラボ創設の起業ストーリーが様々な方面から賛同・共感を得て、好循環の波動を起こしながら、次の一歩を歩み続けているソーシャルビジネスの経営者。

夢みるチョコレート工房 ―― 働く喜びをつくるということ

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2018年9月号

2018年9月号(8月20日発売)

特集
移動革命

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2018年9月号

2018年9月号

特集
美水遊山 湖国が育む〝滋〟味の幸

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。