書籍詳細

兵学者 吉田松陰──戦略・情報・文明
森田吉彦 著

目次
立ち読み

吉田松陰は、言わずと知れた明治維新の精神的指導者、理論者です。
本書では、松陰を第一義的に実践的な兵学者として捉え、彼の論著を、何よりもまず時務に応じた戦略論として捉えていきます。兵学者としての役割を生き抜いた松陰を考察することにより、戦略と日本人の心との架橋の難しさについて見えてくるものがあるのではないでしょうか。
また、松陰が行ってきた「中華文明を明確に相対化し、日本を存在論的に位置づけし直し、そこから西洋文明と対峙する術を探し出した」ことについても触れています。
松陰が行ってきたこと、考えてきたことを通し、いまの日本がすべきこと、進むべき道が見えてくるきっかけになる一冊です。

<書籍データ>
◇B6判並製、240頁 
◇定価:本体1,400円+税
◇2011年3月19日発売

<著者プロフィール>

森田吉彦(もりた・よしひこ)  
1973年、神戸市生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。京都大学博士(人間・環境学)。国際史、国際政治学、日本思想専攻。現在、帝京大学専任講師。
著書に『評伝 若泉敬──愛国の密使』(文春新書)、共訳にサイモン・サーファティー著『不可欠な米欧協調──イラク以後の力と秩序』(ナカニシヤ出版)がある。

 

 

 

 

兵学者 吉田松陰──戦略・情報・文明

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年11月号

2017年11月号(10月20日発売)

特集
「大量離農時代」の切り札 スマート農業

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年11月号

2017年11月号

特集
よみがえれ、湖国の恵み

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。