書籍詳細

語りだす奈良 ふたたび
西山 厚 著

立ち読み

好評6刷のエッセイ集、待望の第2弾!

奈良国立博物館で学芸部長をつとめ、現在は東京にある仏教美術の殿堂・半蔵門ミュージアム館長として仏教美術の魅力を知り尽くした著者が、優しくわかりやすい語り口で、仏像や社寺など、仏教文化に裏打ちされた奈良の深い魅力を紹介する人気エッセイ集の第2弾!

 

 約30年間、奈良国立博物館で奈良に残る寺社や伝統行事、正倉院宝物等に触れてきた西山厚さん。帝塚山大学教授を経て、今年4月からは、東京にある仏教美術の殿堂・半蔵門ミュージアム館長として活躍しています。

 本書では、誰もが知る東大寺大仏にまつわる悲話、雪の室生寺と写真家・土門拳の知られざるエピソード、奈良時代に行基が建てた小さなお寺の驚くべき苦難の歴史など、著者が「日本の一番いいものは、奈良にある」という奈良の深い魅力を読みやすいエッセイで約90話ほど収載予定。

物騒がしい現代日本にとって、奈良の伝統は大切なたからもの。「古くて新しい」場所、奈良の魅力に気づかされます。

 

第1弾『語りだす奈良 118の物語』はコチラ

 

>>Amazonで購入する

>>紀伊國屋書店ウェブストアで購入する

>>セブンネットで購入する

>>楽天ブックスで購入する

>>hontoで購入する

 

電子書籍でもご購入いただけます!
>「Amazon」で購入する
>「楽天kobo」で購入する

>「kinoppy(紀伊國屋書店)」で購入する

>「BookLive!」で購入する

 

 三省堂書店×ウェッジ 

ポイントアップキャンペーン実施予定!

(対象期間:2019年7月20日~8月19日)


<書籍データ>
◇四六判並製 300ページ
◇定価:本体1,500円+税
◇発売日:2019年6月20日
◇ISBN:978-4-86310-216-3

 

<プロフィール>

西山 厚(にしやま・あつし)

半蔵門ミュージアム館長、帝塚山大学客員教授、奈良国立博物館名誉館員。

徳島県鳴門市生まれの伊勢育ち。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。奈良国立博物館で学芸部長として「女性と仏教」など数々の特別展を企画。主な編著書に『仏教発見!』(講談社新書)、『僧侶の書』(至文堂)、『別冊太陽 東大寺』(平凡社)、本書の前篇である『語りだす奈良 118の物語』(ウェッジ)など。奈良と仏教をメインテーマとして、人物に焦点をあてながら、さまざまなメディアで、生きた言葉で語り、書く活動を続けている。

語りだす奈良 ふたたび

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
米中制裁ドミノ ファーウェイ・ショックの先

2019年7月号(6月20日発売)

特集
米中制裁ドミノ ファーウェイ・ショックの先

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
瀬戸内 浜旦那の心意気

2019年7月号(6月20日発売)

特集
瀬戸内 浜旦那の心意気

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。