書籍詳細

あくがれ――わが和泉式部
水原紫苑 著

目次
立ち読み

 平安朝中期、越前守・大江雅致の娘として生まれ、和泉守橘道貞と結婚した和泉式部は、夫のいる身で、冷泉院の第三皇子・為尊親王と身分違いの恋に落ちる。親王の病没後、あらがえぬ宿命に導かれるかのように、為尊親王の弟・敦道親王(帥宮)とも深い仲となる。
帥宮と和泉式部の「恋のゆくたて」は、「和泉式部日記」に物語風にしるされている。二人がかわした多数の和歌が、恋の駆け引きを華麗にいろどり、うつろいゆく心理を如実にうかがわせる。
和泉式部は、夫・橘道貞とのあいだに子(小式部内侍)をなしたが、道貞とは別れ、親にも勘当される。和泉式部は、やがて宮邸に召人として仕え、帥宮の側で暮らすことになる。帥宮とのあいだにも若君が生まれるが、帥宮も兄・為尊親王とおなじく若くしてこの世を去る。
和泉式部は、その恋愛遍歴から「浮かれ女」(藤原道長)、「けしからぬ」女(紫式部)と周りから評されたが、和歌の才能は当代随一を謳われ、勅撰和歌集に計246首の歌が採られた。
本書は、歌人水原紫苑が、和泉式部と帥宮との「はかない恋」に焦点を合わせ、和歌の解釈をまじえつつ、和泉の生涯をたどった書き下ろしの物語。引用歌は、約180首。

<書籍データ>
◇B6判並製、236頁 
◇定価:本体1,400円+税
◇2012年5月18日発売

<著者プロフィール>

水原 紫苑(みずはら・しおん)
歌人。横浜市生まれ。早稲田大学仏文修士課程修了。一九八九年、第一歌集『びあんか』刊行。現代歌人協会賞受賞。第三歌集『客人(まらうど)』で第一回駿河梅花文学賞受賞。第四歌集『くわんおん(観音)』で第十回河野愛子賞、第七歌集『あかるたへ』で第五回山本健吉文学賞・第十回若山牧水賞を受賞。その他の歌集に『うたうら』『いろせ』『世阿弥の墓』『さくらさねさし』『武悪のひとへ』、エッセイ集に『京都うたものがたり』『歌舞伎ゆめがたり』、小説集『生き肌絶ち』など多数。春日井建に師事、師の没後単独で活動。日本の古典芸能に造詣が深く、自らも謡曲・仕舞を稽古する。

 

 

 

 

あくがれ――わが和泉式部

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2016年12月号

2016年12月号(11月19日発売)

特集
クールジャパンの不都合な真実

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2016年12月号

2016年12月号

特集
水郷・柳川紀行 立花宗茂という武将がいた!

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。