書籍詳細

ヒトの心はどこから生まれるのか―生物学からみる心の進化
長谷川眞理子 編著

目次
立ち読み


さまざまな生物のなかで、人間だけが飛行機を飛ばしたり、戦争をしたり、学問をしたりしています。人間は、なぜかくも複雑な存在なのでしょうか? このことを考えるにあたっては、人間という存在をつき動かしている「心」を解明することが必至です。

本書は、従来、哲学や心理学、社会学など人文社会系の学問で膨大な蓄積がなされてきた「心とは何か」という問題にたいして、生物学からアプローチをする一冊です。

第一部では、動物行動学の事例から、さまざまな生き物の“心”とは何かを探ります。たとえば、女王アリを守るべく秩序正しい社会性を保つアリ、匂い(フェロモン成分)を介してコミュニケーションを図るイヌなどの行動には、“心”とも言うべき行動が見て取れます。
第二部の鼎談では、そうした事例を踏まえながら、そもそも生き物の“心”をどのように捉えるのか、他者の“心”に対する理解はどのようになされるべきか、ということについて、生物学、認知科学、哲学の見地から議論を行います。

人間の心を解明し、よりよい人間観を獲得していくことは、今後の現代社会のありようにも大きく関わるものとなるはずです。

<書籍データ>
◇B6判並製・176頁
◇定価:本体1,400円+税
◇2008年10月20日発売

<著者プロフィール>
長谷川眞理子
(はせがわ・まりこ)
1976年東京大学理学部生物学科卒業。83年同大学院理学系研究科博士課程修了。理学博士。早稲田大学政治経済学部教授を経て、総合研究大学院大学教授。進化生物学専攻。著書に『クジャクの雄はなぜ美しい?』(紀伊國屋書店)、『進化生物学への道』(岩波書店)、『ダーウィンの足跡を訪ねて』『生き物をめぐる4つの「なぜ」』(ともに集英社)、訳書に『人間はどこまでチンパンジーか』(新曜社)他多数。

ヒトの心はどこから生まれるのか―生物学からみる心の進化

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年11月号

2017年11月号(10月20日発売)

特集
「大量離農時代」の切り札 スマート農業

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年11月号

2017年11月号

特集
よみがえれ、湖国の恵み

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。