書籍詳細

折れたレール―イギリス国鉄民営化の失敗
クリスチャン・ウルマー 著/坂本憲一 監訳

目次
立ち読み


その時、レールは300の破片に砕け散った!!

2000年10月17日、ロンドン発リーズ行きの列車がハットフィールド付近でひび割れたレールを通過したとき、9両の客車のうち7両が脱線。食堂車が電柱に激突し、乗客4人が死亡した。
この大規模とは呼べない事故が、イギリスの輸送史と政治史に長く残る結果を招くとは、この時だれも想像できなかった――。

分割民営化された英国国鉄は、なぜ10年も経ずに破綻したのか。膨大な調査と資料の博捜により、その内幕を暴いたスリリングなドキュメント。小泉政権が進める道路・郵政民営化論議にも、他山の石となる警世の書。

<書籍データ>
◇四六判上製、400頁
◇定価:本体2,400+税
◇2002年12月10日発行
◇ISBN: 4-900594-56-3

<著者プロフィール>
クリスチャン・ウルマー

運輸及び社会問題を専門とするノンフィクション作家。ブロードキャスター。「レール」誌にコラムを執筆するほか、「インディペンデント」、「インディペンデント・オン・サンデー」、「イヴニング・スタンダード」、「ニュー・ステイツマン」、「パブリック・ファイナンス」などで、幅広い執筆活動を行なう。著書に、The Great British Railway Disaster、Stagecoach、Forgotten Childrenなどがある。

坂本憲一(さかもと・けんいち)
1944年生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒業。出版社で美術書の編集に携わった後、翻訳家になる。主な訳書に『週刊グレートアーチスト』(共訳、同朋舎出版)、『ロセンデール家の嵐』、『ブルー・ドレスの女』、『クリスティーズの内幕』(以上、早川書房)ほか美術書、小説など多数。

 

折れたレール―イギリス国鉄民営化の失敗

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年12月号

2017年12月号(11月20日発売)

特集
国立大学の成れの果て

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年12月号

2017年12月号

特集
棟梁たちの明治維新 神戸・姫路の木造建築

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。