書籍詳細

アジアは変わるのか 改訂版
松井孝典、松本健一 編著

目次
立ち読み


日本を含むアジアは、とくに近代、激動の時代を経験してきた。わが日本は幕末に黒船の衝撃を受けて以来、西洋の技術や文明に脅かされ、近代化の道は性急の事態となった。その後は、日清、日露、二度の世界大戦と、未曾有の戦争を体験している。

いつの時代も、他国(他文明)の存在を大きく感じれば感じるほど、自国がどのような道を歩むべきかを考えざるを得なくなる。日本に関して言えば、欧米の脅威にさらされたときに、アジアという近隣諸国に、どのような協力を要請するのか、どのような外交関係を築いて強大な欧米諸国に相対するのかが、当時も今も、常に大きな政治的課題として浮上するのである。

わたしたちはいま、歴史的にも地理的にも、アジアを再考する必要がある。わたしたちが想像の共同体である<アジア>をいかに措定するのか。日本にとって、アジアという共同体は、いったい何なのだろうか?「アジアは一つ」であることの現代的価値とは?

本書は、地球規模でアジアの文明を考え、歴史的な日本とアジアの関係を振り返り、その行く末を考える文明論である。

<書籍データ>
◇B6判並製・153頁
◇定価:本体1,400円+税
◇2009年8月26日発行

<編著者プロフィール>
【編著者】
松井孝典(まつい・たかふみ)
東京大学大学院教授。2009年4月より、千葉工業大学惑星探査研究センター所長。NASA研究員、マサチューセッツ工科大学招聘科学者等を経て、現職。地球をシステムとして捉え、宇宙規模での人間理解を提唱する。著書に『地球・46億年の孤独』『松井教授の東大駒場講義録』『われわれはどこにいくのか』ほか多数。
松本健一(まつもと・けんいち)
評論家、麗澤大学教授。東京大学経済学部卒業。京都精華大学教授を経て現職。主な研究分野は近・現代日本の精神史、アジア文化論。著書に『近代アジア精神史の試み』『開国・維新』『評伝 北一輝(全5巻)』『竹内好論』『泥の文明』『畏るべき昭和天皇』ほか多数。

◎お知らせ
『アジアは変わるのか』の初版に訂正箇所がございましたので、このたび改訂版を発刊することといたしました。初版をお買い上げいただいているお客様で、改訂版へのお取替えをご希望の方は、お名前、ご住所、郵便番号、電話番号をお書き添えの上、料金着払いの宅配便にて「初版」を弊社宛て下記住所までお送りください。折り返し「改訂版」を送料弊社負担にてお送りさせていただきます。
◎ご連絡先
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-3-1 NBF小川町ビルディング3F
株式会社ウェッジ書籍事業部『アジアは変わるのか』改訂版係
フリーダイヤル 0120-37-4635(平日午前10時~午後6時)

 

アジアは変わるのか 改訂版

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年11月号

2017年11月号(10月20日発売)

特集
「大量離農時代」の切り札 スマート農業

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年11月号

2017年11月号

特集
よみがえれ、湖国の恵み

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。