書籍詳細

地球温暖化とのつきあいかた
杉山大志 著

目次
立ち読み

 

温暖化対策において、思い通りにいくものは何一つない。科学的不確実性は相変わらず大きい。人間行動は不合理極まりない。政治は迷走する。国際関係は油断がならない。世の中は、不確実性とリスクに満ちている。これを全て直視した上で、地球温暖化のリスクをどう管理したらよいか。平たく言えば、地球温暖化と、どう付き合えばよいか。これが本書のテーマである。IPCC(気候変動問題における政府間パネル)報告書の統括執筆責任者をつとめた温暖化問題の世界的エキスパートが語る、このやっかいな地球温暖化とのつきあいかた。

 

 

<書籍データ>
◇新書判 304ページ
◇定価:本体1,300円+税
◇2014年9月20日発売
◇ISBN: 978-4-86310-133-3

<著者プロフィール>
杉山大志(すぎやま・たいし)
IPCC第5次評価第3部会報告書 統括執筆責任者。(一財)電力中央研究所上席研究員。1991年東京大学理学部物理学科卒業。93年東京大学大学院工学研究科物理工学修士了、(一財)電力中央研究所入社。国際応用システム解析研究所(IIASA)研究員、国際学術会議科学執行委員、京都議定書CDM理事会パネル委員、産業構造審議会専門委員、IPCC第4次評価第3部会及び統合報告書主著者を経て、現職。

 

 

 

 

 

 

 

 

地球温暖化とのつきあいかた

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2016年12月号

2016年12月号(11月19日発売)

特集
クールジャパンの不都合な真実

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2016年12月号

2016年12月号

特集
水郷・柳川紀行 立花宗茂という武将がいた!

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。