書籍詳細

欧州 絶望の現場を歩く ―広がるBrexitの衝撃
木村正人 著

目次
立ち読み

 

欧州はいま、混迷の中にあります。
英EU離脱と世界経済への影響、テロの多発、バルカン半島から大量に密輸される銃器、難民流入の深刻化など、さまざまな問題が輻輳的に絡み合い、大きな歪みを生じさせているのです。
本書は、イギリス在住のジャーナリストが、欧州で起きている問題の一つひとつの現場を歩き、話を聞き、ルポとしてまとめた1冊です。
なぜ英国はEU離脱を選ぶに至ったのか、離脱が世界経済に及ぼす影響、次の離脱が危ぶまれている国はどこなのか、次々と繰り出されるテロの新常態にどのように対処しているのか、政治経済と難民問題を秤にかけざるを得なくなっている政治家たちの苦悩とは――。
政府筋、金融シティ、一般市民、難民など、現地徹底取材によって、欧州が抱える問題の本質を探ります。

>>Amazonで購入する

>>紀伊國屋書店ウェブストアで購入する

>>セブンネットで購入する

>>楽天ブックスで購入する

>>hontoで購入する

電子書籍でもご購入いただけます!
>「Amazon」で購入する

>「楽天kobo」で購入する

>「kinoppy(紀伊國屋書店)」で購入する

>「BookLive!」で購入する

 

<書籍データ>
◇新書判並製 272ページ
◇定価:本体1,300円+税
◇2017年1月20日頃発売
◇ISBN: 978-4-86310-174-6

<著者プロフィール>

木村正人(著者)
在ロンドン国際ジャーナリスト、元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
Yahoo Newsほか、ブログ「木村正人のロンドンでつぶやいたろう」でも情報発信。

 

欧州 絶望の現場を歩く ―広がるBrexitの衝撃

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年5月号

2017年5月号(4月20日発売)

特集
築地移転問題にみる日本の病巣

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年5月号

2017年5月号

特集
売茶翁 若冲も憧れた清風の人

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。