書籍詳細

今度こそ読み通せる名著 マキャベリの「君主論」
著者:ニッコロ・マキャベリ 訳者:夏川賀央

目次
立ち読み

 

経営者、政治家が愛読する書。
慎重であるより、果敢であれ!


自己啓発書としても読める名著の数々を、わかりやすい現代語訳で読むシリーズ第3弾。
「マキャベリズム」と称され何かと誤解されがちな書ですが、実際述べられているのは、仕事をする上で必要不可欠なことばかり。ただ、世界史の知識がないと読みづらい点もあるため、主要な登場人物一覧や当時の地図、メディチ家の存在等、コラムとして掲載し、読みやすく工夫しました。
本書は、16世紀初頭から世界中の人々に愛され、読まれ続けてきた名著です。仕事をする上ではもちろん、生き抜くために必要な要素が詰まっています。ぜひ、その面白さを堪能してください。

 

>>Amazonで購入する

>>紀伊國屋書店ウェブストアで購入する

>>セブンネットで購入する

>>楽天ブックスで購入する

>>hontoで購入する

 

<書籍データ>
◇四六判並製 212ページ
◇定価:本体1,300円+税
◇2017年6月20日予定
◇ISBN: 978-4-86310-183-8

<著者プロフィール>
【著者】ニッコロ・マキャベリ
イタリア、ルネッサンス期の政治思想家、フィレンツェ共和国の外交官。1469年フィレンツェ共和国生まれ。本書『君主論』(原題:IL PRINCIPE)は、のちに「マキャベリズム」と呼ばれるようになった考え方を世のリーダーに説いたもので、16世紀初頭から世界中の人々に読み継がれている。

【訳者】夏川賀央(なつかわ・がお)
1968年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。数社の出版社で編集者として活躍したのち独立。会社経営の傍ら、ビジネス書を中心に執筆活動を行う。古典の現代語訳に『今度こそ読み通せる名著 スマイルズの「自助論」』(ウェッジ)、『武士道』『茶の本』『風姿花伝』『啓発録』(致知出版社)、著書に『すごい会社のすごい考え方』(講談社プラスα文庫)、『仕事ができる人の「日本史」入門』『仕事ができる人の「アジア史」入門』(きずな出版)等がある。

今度こそ読み通せる名著 マキャベリの「君主論」

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年8月号

2017年8月号(7月20日発売)

特集
世界を揺るがす中国の地政学

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年8月号

2017年8月号

特集
京都にはいつだって音楽がある

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。