書籍詳細

【論集】日本の外交と総合的安全保障
谷内正太郎 編

目次
立ち読み

 国際社会における権力構造は、冷戦後のアメリカによる一極構造が、(アフガン・イラクの桎梏、サブプライム・ローン問題、リーマン・ショック等による)アメリカの国力と国際的地位の相対的低下、逆に言えば中国・インド等の新興大国の台頭による新しいパワー・バランス(多極または無極構造)に姿を変えつつある。
  このような国際状況のもとで日本に要請されるのは、日本自身の座標軸を明確に設定した上で、戦略的思考に基づく外交・安全保障政策を果敢に実行していくことである。日本社会に根を下ろしつつある閉塞感、内向き・縮み思考を逆転させるためにも、日本は世界の平和、安全及び繁栄を志向して、積極的に国際社会に関与していくことが求められている。新しく生じつつあるパワー・バランスの動向を見据えつつ、自らのグローバルな役割と責任を自覚してこれを積極的に果たしていくためには何が必要か。
  日本の外交・安全保障の問題を、外交・国際政治・防衛のエキスパートが論じ尽した必読の論文集。
  続巻【論集】日本の安全保障と防衛政策

 

 

 

 

 

 

<書籍データ>
◇四六判上製、468頁 
◇定価:本体2,600円+税
◇2011年10月20日発売
◇ISBN: 978-4-86310-090-9

<著者プロフィール>

谷内正太郎(やち・しょうたろう)
早稲田大学日米研究機構日米研究所客員教授。東京大学卒業後、同大学にて修士号取得。外務省入省後、総合外交政策局長、内閣官房副長官補、外務事務次官等を歴任。専門分野:国際関係論、国際安全保障論、国際政治理論。

 

 

 

 

 

【論集】日本の外交と総合的安全保障

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年9月号

2017年9月号(8月20日発売)

特集
捨てられる土地 登記しない地権者、ツケを払う次世代

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年9月号

2017年9月号

特集
樽と桶 木の〝うつわ〟の味な話

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。