書籍詳細

社会を変える驚きの数学
合原一幸 編著

目次
立ち読み


数学は、目的にもっとも有効な答えを導くための方法として知られています。加減乗除を使ってさまざまな数を任意に加工することはもちろん、列車の最短経路を調べる技術やキャッシュカードの暗号技術など、社会の至るところでその知見が使われています。

しかし数学は、数を無機質に扱うだけの学問ではありません。数学の哲学と技術は見事に応用され、わたしたちの生活を便利に、そして豊かにしてくれています。本書では、一見複雑で混沌とした日常の事象を数学的思考で見渡すことで、新しい視点や原則が見えてくる、そんな応用数学の魅力をたっぷりとお届けします。

第一章では、わたしたちの生命活動や、酔ったときの千鳥足(ランダムウォーク)、だまし絵が見せる錯視など、さまざまな現象を数学で解析することのおもしろさを探ります。
第二章では、「二十一世紀の数学像」と題し、日本の数学研究を牽引する三名が数学の魅力やエッセンスを語ってくれました。第三章で紹介するのは、数学研究の第一線で行われているトピックの数々です。たとえば、人間関係や音楽を数理モデルでとらえることはできるのか、学習における効果を数理モデル化することで、その応用にどのような期待ができるのか。わたしたちの複雑な社会を、数学的思考で考えたときに、どのような効果が得られるのか、その可能性をご紹介します。

日本の“数学最先端”や、社会に応用されている数学の成果を知ることで、数学の意外なおもしろさに気づくはずです。

<書籍データ>
◇B6判並製・220頁
◇定価:本体1400円+税
◇2008年6月20日発売

<著者プロフィール>
合原一幸
(あいはら・かずゆき)
東京大学生産技術研究所教授、科学技術振興機構・ERATO合原複雑数理モデルプロジェクト研究総括。専門は、カオス工学、数理工学、生命情報システム論。主著に『脳はここまで解明された』(ウェッジ)、『カオス――まったく新しい創造の波』(講談社)、『ニューラルコンピュータ・脳と神経に学ぶ』(東京電機大学出版局)、『複雑系がひらく世界――科学・技術・社会へのインパクト』(別冊日経サイエンス)など。

 

社会を変える驚きの数学

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2016年12月号

2016年12月号(11月19日発売)

特集
クールジャパンの不都合な真実

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2016年12月号

2016年12月号

特集
水郷・柳川紀行 立花宗茂という武将がいた!

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。