書籍詳細

菅原道真―詩人の運命
藤原克己 著

目次
立ち読み


没後1100年、今よみがえる悲劇の詩人・道真の魂――。

天神さまとして祀られ、文芸の守護神、学問の神様として崇敬されてきた菅原道真。
学者・文人の家に生まれて、右大臣にまで昇進しながら、突如大宰府に左遷され、延喜三年(九〇三)にその地で没してしまった悲劇的な生涯。
過酷な宿命に生きた道真の事績をたどりながら、折々に詠まれた彼の漢詩を通してその生涯と人となりを生き生きと浮かび上がらせる待望の評伝です。

『――詩だけが、私の末期までの道連れだ。』

<書籍データ>
◇B6判並製、312頁
◇定価:本体1,200円+税
◇2002年9月28日発行

<著者プロフィール>
藤原克己
(ふじわら・かつみ)
東京大学大学院人文社会系研究科助教授。1976年東京大学文学部国文学専修過程卒業。
東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専攻博士過程退学。岡山大学助教授、神戸大学助教授を経て現職。菅原道真、古今和歌集、源氏物語を中心に、平安朝の和漢の文学を研究。著書に『菅原道真と平安朝漢文学』(東京大学出版会)がある。

菅原道真―詩人の運命

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年12月号

2017年12月号(11月20日発売)

特集
国立大学の成れの果て

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年12月号

2017年12月号

特集
棟梁たちの明治維新 神戸・姫路の木造建築

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。