書籍詳細

生物学者と仏教学者 七つの対論
斎藤成也・佐々木閑 共著

目次
立ち読み


科学の発展は「合理性」や「法則性」を追求した結果の、その連続のもとに成立している。かつて世の物事はすべて「神」の視点から語られていたが、科学者たちがその「神の業」を解き明かすべく自然や現実世界を観察・実験を重ねるほど、「創造主の存在」という世界観からは離れていくことになった。これが「近代科学」発展の礎である。
一方、約2500年前に釈迦が創始した仏教は、現代の日本人が日常接している仏教とは様相を異にし、“絶対者”の存在を認めず、自己の精神的鍛錬で煩悩に打克って涅槃に到達することを目的としたもので、その合理性・法則性に沿う方法は、科学的思考と親和性がある。  本書は、「科学と宗教」という二つの世界観において、その類似点と相違点について、生物学者:斎藤成也氏と仏教学者:佐々木閑氏がそれぞれの知見から考察するものである。

<書籍データ>
◇B6判並製、364頁 
◇定価:本体1,400円+税
◇2009年11月20日発売

<著者プロフィール>
斎藤成也(さいとう・なるや)
1957年生まれ。東京大学理学部生物学科人類学課程卒業。東京大学大学院理学研究科人類学専攻修士課程修了後、米国テキサス大学ヒューストン校生物医科学大学院修了(Ph.D.)。現在、国立遺伝学研究所集団遺伝研究部門教授。主な著書に『遺伝子は35億年の夢を見る』(大和書房)、『DNAから見た日本人』(ちくま新書)、『ゲノム進化学入門』(共立出版)、編著に『ゲノムはここまで解明された』(ウェッジ)がある。

 佐々木閑(ささき・しずか)
1956年生まれ。京都大学工学部工業化学科および京都大学文学部哲学科仏教学専攻卒業。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。米国カリフォルニア大学バークレー校仏教学科留学。現在、花園大学教授。文学博士。主な著書に『出家とは何か』、『インド仏教変移論』、『犀の角たち』(以上、大蔵出版)、『日々是修行』(ちくま新書)、訳書に『大乗仏教概論』(鈴木大拙著 佐々木閑訳 岩波書店)がある。

 

 

生物学者と仏教学者 七つの対論

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2016年10月号

2016年10月号(9月20日発売)

特集
国境騒然 水平線の向こうの攻防戦

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2016年10月号

2016年10月号

特集
マグロ王国 静岡 焼津・清水マグロ紀行

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。