2017年9月号
2017年9月号

特集:樽と桶 木の〝うつわ〟の味な話

町人文化が爛熟した江戸時代中期、酒や醤油、味噌など醸造調味料の大量生産、大量流通を可能にした樽(たる)と桶(おけ)。 時代とともに姿を消しつつありましたが、近年、樽酒や木桶仕込みに回帰する蔵元が現れているとか。 ─それは、なぜ? 樽と桶で、酒の味はどう変わるのか? そもそも樽と桶の違いとは? そんな謎を携えて、吉野、灘、堺へと、樽と桶をめぐる旅に出ます。

橋本裕子=文 荒井孝治=写真

2017年9月号 2017年9月号

■特集
樽と桶 木の〝うつわ〟の味な話
橋本裕子=文 荒井孝治=写真


●美酒育む吉野杉の里を訪ねて
川上村[奈良県吉野郡]
●酒どころ灘に生きる樽職人の矜持
灘区・東灘区[神戸市]
●【コラム】木が育てる琥珀色の酒
●人間のサイクルを超える大桶
吉野町[奈良県吉野郡]、堺市[大阪府]
●樽と桶 木の〝うつわ〟の味な話◉案内図


この熱き人々
吉永みち子=文 阿部吉泰=写真
松場大吉 石見銀山生活文化研究所会長

あちこち見聞帖
大竹 聡=文 阿部吉泰=写真
名古屋発、島飲み紀行

京都の路地 まわり道
千 宗室=文
夏に取り残される

古道具もの語り
坂田和實=文 奥山晴日=写真
ズボン

ひとときエッセイ「そして旅へ」
八嶋智人=文
無責任な旅人

芭蕉の風景
小澤 實=文
武蔵野の月の若ばへや松島種[東京都国分寺市]

名勝アルバム
中田 昭=写真
岸和田城庭園(八陣の庭)[大阪府岸和田市]

こだま酒場紀行
大竹 聡=文
堂島サンボア[新大阪駅]

中世不思議ばなし
西山 克=文
カラカラ 検証される怪異

おいしい風土記
向笠千恵子=文 荒井孝治=写真
いかわたの魚醤 いしり[石川県能登町]

九月の旅指南
狩野直美=文
奈良市西ノ京町 薬師寺食堂の一般公開 ほか

旅の小箱from IR西日本、JR東海
●幕末維新やまぐちDC 志士たちが活躍した萩・下関へ
●リメンバー九州 秋の長崎県で元気をチャージ!
●京都駅ビルは、おかげさまで20周年
●お茶の宇治、お酒の伏見 満喫の旅へ
●「奈良学文化講座」の参加者募集
●お食事やおつまみとも好相性 オーストラリアワイン

ひととき倶楽部
読者からのお便り、ひととき旅川柳、
次号のお知らせ、今月のプレゼント など

ルートマップ、東海道・山陽新幹線時刻表

<ご案内>
弊社HPからの定期購読新規お申し込みが
5500円とお得になりました。
お支払いはクレジットカードのみになります。
お申し込みはこちらから


>> 紙で購入
>> Fujisanマガジンで購入
>> セブンネットで購入