書籍詳細

国家を築いたしなやかな日本知
中西進 著

目次
立ち読み


日本は明治以降、ドイツやアメリカなど欧米の文化や価値観を受け入れて近代化を進めてきました。その結果、近年にいたって経済や文化だけではなく、あらゆる分野で「日本らしさ」が失われたと憂慮する声が高まっています。日本人は自信を喪失しているかに見えます。しかし、古えから日本人は海外のさまざまな文化を取り入れ、それをどうやって日本化=和化しようかとたくらみながら、自国の中に上手に吸収してきました。

たとえば、中国の古典を読み替えて日本最初の憲法をつくった聖徳太子、日本のダ・ヴィンチ=平賀源内、通貨単位に「円」を説いた大隈重信ら、西洋音楽から小学唱歌をつくった伊沢修二ら、けっして丸呑みしない創意工夫の達人たちがいました。日本には今も海外から文化が押し寄せてきます。私たちはそれをどう受け止めればいいのでしょう。多くの創意の賢者の足跡を辿るとおのずと答えは見えてくるはずです。

本書は、雑誌「ウェッジ」で二年余にわたって好評連載された「日本のたくらみ」を一冊にまとめたもので、身近な事例を挙げながら日本人の「和化」のたくらみを親しみやすく論じたエッセイです。

 

限定版「日本精神史三部作完成記念」3冊セット好評発売中!

中西進先生の最新刊『情に生きる日本人』と既刊『国家を築いたしなやかな日本知』『日本人 意志の力』の3冊セットを特製ケースとともに限定販売しています(本体4,600円+税、シリアルナンバー入り)。お求めは弊社営業部(電話0120-37-4635)まで。在庫僅少につき、お急ぎください。

<書籍データ>
◇四六判上製・248頁
◇定価:本体1,600円+税
◇2006年12月20日発売
◇ISBN: 4-900594-97-0

<著者プロフィール>
中西進(なかにし・すすむ)
一般社団法人日本学基金理事長。文学博士、文化功労者。平成25年度文化勲章受賞。日本文化、精神史の研究・評論活動で知られる。読売文学賞、日本学士院賞、菊池寛賞、和辻哲郎文化賞、大佛次郎賞、奈良テレビ放送文化賞ほか受賞。著書に『日本人の忘れもの』全3巻『中西進と歩く万葉の大和路』『万葉を旅する』『日本人意志の力 改訂版』『情に生きる日本人 Tender Japan』(以上ウェッジ)、『うたう天皇』、『楕円の江戸文化』(ともに白水社)、『日本人こころの風景』(冨山房インターナショナル)、『こころの日本文化史』(岩波書店)、『日本人の愛したことば』(東京書籍)、『中西進著作集』(全36巻/四季社)他多数。

 

中西人間塾

 

 

 

 

 

国家を築いたしなやかな日本知

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年9月号

2017年9月号(8月20日発売)

特集
捨てられる土地 登記しない地権者、ツケを払う次世代

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年9月号

2017年9月号

特集
樽と桶 木の〝うつわ〟の味な話

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。