WEDGE REPORT

2011年2月16日

»著者プロフィール
著者
閉じる

私市正年 (きさいち・まさとし)

上智大学外国語学部・アジア文化研究所教授。
北海道大学文学部卒業、東京都立大学経済学部中退、中央大学大学院博士課程修了。モロッコ・ムハンマド5世大学、エジプト・イブンハルドゥーン研究センター、フランス・エクサンプロパンスIREMAM(地中海アラブ・ムスリム研究センター)、アルジェ大学CREAD(応用開発経済研究センター)などで研究に従事。
専門は、歴史学、マグリブ・アラブ地域研究。
主な著書に、『北アフリカ・イスラーム主義運動の歴史』(白水社、2004)、『マグリブ中世社会とイスラーム聖者崇拝 』(山川出版社、2009)、『アルジェリアを知るための62章』(明石書店、2009)、共編著に『イスラーム地域の民衆運動と民主化』(東京大学出版会、2004)など。

エジプトの新しい政治体制は、
どのように構築されるべきか?

 チュニジア、エジプトで政権が倒れました。ですが私は、これは第1ラウンドが終わったに過ぎないと考えています。次のステップとして、新しい政治体制をどのように構築するのか。もしかすると、数年を要するかもしれません。

 では、第2ラウンドをどのように戦うのか。エジプトには、二つの対立軸が存在しています。これを緩和させなくては、次の政治は進まない。

 一つは、三つ巴のグループ対立です。軍・ムバーラク政権(国民民主党〔NDP〕)、最大野党(「ムスリム同胞団」のような宗教勢力)、そして青年市民層です。対立があるから、最大勢力である軍と政権は、圧政を強いてきたわけです。

 もう一つは、世代間の認識格差。これは、軍やムスリム同胞団といった旧勢力と、市民を中心とした新勢力に分けられるでしょう。

 これまでは旧勢力のなかで、取引きや馴れ合いの政治が行われていました。みな、手にした利権を奪われたくない。だから、一見政治としてきちんと機能しているように見せながら、自分が得た場を動かなくて済むようにしてきたわけです。イスラム原理主義勢力のムスリム同胞団も、体制がよびかけた野党との対話(策略)にこたえたことは、彼らの限界をはっきりと示したと言えるでしょう。

 では、これから構築されるべき政治体制とは、どのようなものでしょうか。

 具体的に言えば、エジプトの最大与党NDPを解党するしかないと思います。NDPこそが、議席の90%を保ちながら、軍と一緒に利権配分構造を築き上げてきた、腐敗と汚職の根っこなのですから。

 NDPをいったん解散し、NDPのクリーンな政治家を中心とした政治集団を軸にして、ここに、軍や市民派が加わるという構図です。ムバーラクが30年もトップにいたので、他の政党は政権運営の経験がありません。だから、現実的にはNDPを軸に据えるしかないのです。そのなかで、改めて選挙を行い、リーダーが出てくるのが望ましい。

 チュニジアでは暫定政権のガンヌーシー首相とムバーザア暫定大統領が与党・立憲民主連合(RCD)から離党しましたし、現閣僚の誰もRCDではありません。175万人の党員数を誇ったRCDも、すでに解党手続きに入っています。エジプトも同じ道もたどり、まずNDPの解散からスタートするしかないはずです。

 でも軍の支配を排除するのは容易ではない、と言う意見もあります。確かにそうです。しかし、二つの点から反論しておきます。第一は、今回のそもそもの政変の原動力は、名もない市民の結集だったということです。だれも予想できませんでした。チュニジアからエジプトへと変革を促す市民の力が底流として流れているとしか考えられません。第二は、どちらの国でもなぜ、軍は市民に発砲しなかったのでしょうか? できたはずです。軍の中にも、新しい潮流が流れ始めているのではないでしょうか。市民的意識をもった軍人の登場です。少し希望をこめた見方ですが…。

 まだ先が見えていない状況ですが、アラブに新しいモデルが構築される最大のチャンスが今なのです。

革命はまだ霧中にある

 一方で、「現政権を倒した後、どのような国家を創るかというプランが示されていない。だからこれは革命ではない」という専門家もいます。

→次ページ 革命成功の要因 ナショナリズムの復興

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る