Wedgeセレクション

2014年3月1日

»著者プロフィール

検証
待機児童ゼロへの道

<ご購入はこちら>
Kindleストア
iBooks
楽天kobo
Kinoppy(紀伊國屋書店)
BookLive!

※電子ストアによって、販売価格は異なります。
※「Kindle」と「楽天kobo」は、スマホ・タブレットのアプリでもお読みいただけます。
◇Kindle:方法はこちら 
◇楽天kobo:方法はこちら

<内容紹介>
10年来叫ばれ続けながらも、依然減らない待機児童。働く親たちは保育所確保に血眼になり、苛烈な競争に疲れ果てている。第3の矢・成長戦略の中で、政府はようやく子育て支援に本腰を入れ、2015年度の新制度施行によって、64年ぶりに抜本改革が行われる。しかし、行政が預け先を調整し、あっせんする根本構造は変わらず、新規参入者の前には既得権益を握る、社会福祉法人という岩盤が横たわる。「子供のための保育」から「親が働ける社会」へ。発想の転換なしに日本の未来はない。

<目次>
◆過熱する「保活」母親たちのイス取り合戦
◆2015年度開始「子ども子育て新制度」の内実
◆小規模保育充実の裏で忍び寄る「3歳の壁」
◆株式会社参入阻む「社会福祉法人」の闇を暴く/藤井賢一郎(上智大学准教授)
◆ライフネット生命 出口治明会長インタビュー「少子化は文化を滅ぼす」

※本書は月刊誌「WEDGE」2014年3月号の特集記事を編集し、電子書籍化したものです。

ウェッジ電子書籍シリーズ
「WEDGEセレクション」の商品一覧へ

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る