Wedgeセレクション

2014年10月23日

»著者プロフィール

魚を獲り尽くす日本人
著者:永野一郎/片野歩/勝川俊雄/Wedge漁業問題取材班

▼ご購入はこちら
Kindleストア
iBooks
楽天kobo
Kinoppy(紀伊國屋書店)
BookLive!

※ストアによって、販売価格は異なります。「Kindle」と「楽天kobo」は、スマホ・タブレットのアプリでもお読みいただけます。
◇Kindle:方法はこちら 
◇楽天kobo:方法はこちら

<内容紹介>
漁業は資源管理で成長産業へ――。2014年2月、世界銀行が出した漁業に関するレポートで、今後、唯一マイナス成長と予測された日本。「オリンピック方式」と呼ばれる早獲り競争を続ける日本は、世界から問題視されている。乱獲により資源を枯渇させ、補助金漬けとなっている漁業を、今こそ見直すべきである。

<目次>
・マグロが消えた!大間、壱岐の漁師の悲鳴 
・絶滅危惧ニホンウナギはパンダと同格
・期待過剰の近大マグロ、禁漁で魚増える福島 
・東京五輪で日本の魚が提供できない危機
・世界銀行「日本だけ漁業がマイナス成長」 
・アイスランド 漁業者儲けすぎで増税対象に
・国産サバよりノルウェーサバを好む日本人 
・持続可能な水産物しか取り扱わない米スーパー
・資源を管理しつつ利益を上げ、成長する方策とそれによる影響とは

※本作品は月刊『Wedge』2014年8月号特集記事を電子書籍化したものです。電子書籍化に際し、一部加筆・修正を加えております。 

ウェッジ電子書籍シリーズ
「Wedgeセレクション」の商品一覧へ

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る