From LA

2017年4月22日

»著者プロフィール
閉じる

土方細秩子 (ひじかた・さちこ)

ジャーナリスト

ボストン大学コミュニケーション学部修士課程終了、パリ、ロサンゼルスでテレビ番組製作に携わり、1993年より米国でフリーランスのジャーナリスト活動を行う。

 米コロラド州が大麻合法化の住民投票で賛成多数となったのは2012年、オバマ大統領の再選が決まった年のこと。この時の選挙では大統領選挙に投票した人よりも大麻合法化の住民投票に参加した人の方が数が多かった、と話題になった。実際に大麻が合法化され販売が始まったのは2014年1月からだ。

 そのコロラド州でも最も大麻ビジネスが盛んなデンバーを訪れた。市の空港からのアクセスポイントであるユニオン駅周辺には多数のオープンカフェが並んでいるが、そこを歩いているだけで微かに空気中に大麻の匂いを感じる。一応公共の場での大麻吸引は非合法で、所定の場所のみでの使用が認められているというが、街角で堂々と大麻を吸引する人々の姿も見かけた。

大麻クッキー

リフトを使って大麻ショップへ

 大麻を販売する場所は「ディスペンサリー」と呼ばれる。とりあえずウェブでも宣伝する大きなディスペンサリーを訪れようと、「リフト」サービスを予約した。運転手にディスペンサリーが見たい、と告げると「少し街の中心から外れるとたくさんのディスペンサリーが集まっている場所がある」と言うので、案内してもらうことに。

ディスペンサリー

 ユニオン駅から走ること約20分、フェデラル、という大きな通り沿いに確かに複数のディスペンサリーが見られた。特徴は+マークで、医療用大麻は医師からの許可証が必要だが18歳以上が利用でき、レクリエーション用大麻は21歳以上なら誰でも購入できる。

編集部おすすめの関連記事

関連記事

新着記事

»もっと見る