理系が得意になる子の育て方

西村 則康 ,辻 義夫
Coming soon
理系が得意になる子の育て方
理系が得意になる子の育て方
西村 則康 ,辻 義夫

幼児期から始められて、小学校高学年でも遅くない!プロ家庭教師が教える、子どもの理系力を育てる学習&生活習慣の実践的アドバイス!

定価:1,650円(税込み)
四六判並製 約224ページ
発売日:2023年 2月20日
ISBN:978-4-86310-261-3
リンクをコピーしました

◎幼児期から始められて、小学校高学年でも遅くない!
 理系が得意になる学習&生活習慣・41の実践的アドバイス!

「算数ができる=理系」とは限らない?単純な判断は子どもの可能性を狭めてしまう!
令和の時代に必要な「理系力」を親が理解し、子どもの可能性を無限に広げよう

 

「わが子を理系にしたい」――。先が見えない時代を生き抜くために、
子どもには「専門的な能力を身につけてほしい」と考える親御さんが増えています。
その中で、「理系」という選択肢が頭に浮かぶのでしょう。
しかし、「家庭でできることはあるのでしょうか?」「親が文系なので自信がなくて……」
という不安な気持ちが先行し、子どもに「間違った方向」で努力をさせてしまうと、むしろ算数・理科嫌いになりかねません。
理系力を育てるための学習・生活習慣は、幼児期から始められて、小学校高学年から取り組んでも遅くありません。
単に学力が高いだけではなく、目標に向かう方法や問題解決手段を自分で考えられる
「ホンモノの理系力」を養うため、子どもの可能性を最大限引き出す方法をお伝えします。

 

<本書の目次>
第1章 「理系」「文系」ってどう分かれるの?
 「算数ができる」=「理系」とは限らない/「理系力」を下支える「大切なもの」とは/
 「暗記ベース」の学習が理解を遠ざける/理科嫌いになる学年はだいたい共通している
第2章 幼少期から親子で理系の土台作り
 学力のベースは「なごやかな親子関係」にある/「理系的思考」の始まり「なぜ?」を育てる/
 好きなことに熱中する体験をたくさん
第3章 小学校に入るまでにやっておいたい準備
 少しでも早く身につけたい二つの「数の感覚」/5歳までに「10のかたまり」を徹底的に/
 1年生の算数が盤石になる「実物遊び」/リンゴを丸に置き換えるイメージ思考の大切さ
第4章 低学年で意識したい学習&生活習慣<br>
 基礎的な計算力が身につく毎日の学習量とは/九九を全部言えても九九表は貼っておく/
 「どうしたらラクに計算できるか」が算数好きへの入り口/理系センスを磨くお手伝い
第5章 4年生以降、理系力はこう発展していく
 「理系の芽」が見えてくる10歳前後/「納得感」のある学習の積み重ねで理系力を伸ばす/
 理系親が得意を生かすコツ、文系親がうまく並走するコツ/「自分は大切な存在だ」という自己肯定感が学力のベース
 

著者プロフィール
西村 則康 (にしむら やすのり)

中学受験のプロ家庭教師「名門指導会」代表。40年以上、難関中学・高校受験指導一筋のカリスマ家庭教師として、最難関校に3000人以上を合格させてきた実績をもつ。暗記や作業だけの無味乾燥な受験学習では効果が上がらないという信念から、「なぜ」「だからどうなる」という思考の本質に最短で入り込む授業を実践。運営する中学受験情報サイト「かしこい塾の使い方」は16万人のお母さんが参考に。『中学受験基本のキ!第5刷(日経DUALの本)』(日経BP)をはじめ著書多数。

辻 義夫 (つじ よしお)

中学受験のプロ家庭教師「名門指導会」副代表。中学受験情報局「かしこい塾の使い方」主任相談員。大手進学塾での指導経験の後、パーソナル指導の分野で最難関中対策を中心に算数・理科を指導。その授業は「受けると知らない間に算数・理科が好きになってしまう」ことから「ワクワク系中学受験」と評される。著書に『中学受験 すらすら解ける魔法ワザ理科・計算問題』(実務教育出版)、『頭がよくなる 謎解き理科ドリル』(かんき出版)など多数。

シェアする
リンクをコピーしました
ウェッジブックス 教育 理系が得意になる子の育て方

編集部おすすめ

書籍を探す
閉じる

全国の書店、またはネット書店よりご購入ください。

Amazon
紀伊国屋書店
7net
楽天
honto
ehon