3月号

Latest issue最新号

ジェンダー平等と多様性で男性優位の社会を変えよう

ページをシェアする

2024年3月号

2024年220日発売

定価700円(税込)

特集

ジェンダー平等と多様性で男性優位の社会を変えよう

文・佐藤千矢子、湯澤規子、髙崎順子、石井妙子、得能摩利子、與那覇 潤、ブレイディみかこ、藤原章生、編集部

最新号を試し読み Wedge ONLINEで試し読み

購入する

buynavi-arrow 定期購読特別価格 お申込み前に必ずご確認ください

「育児休暇や時短勤務を活用して子育てをするのは『女性』の役目」「残業も厭わず働き、成果を出す『女性』は立派だ」─。働く女性が珍しい存在ではなくなった昨今でも、こうした固定観念を持つ人は多いのではないか。 今や女性の就業者数は3000万人を上回り、男性の就業者数との差は縮小傾向にある。こうした中、経済界を中心に、多くの組織が「女性活躍」や「多様性」の重視を声高に訴え始めている。

内閣府の世論調査(2022年)では、約79%が「男性の方が優遇されている」と回答したほか、民間企業における管理職相当の女性の割合は、課長級で約14%、部長級では8%まで下がる。また、正社員の賃金はピーク時で月額約12万円の開きがある。政界でも、国会議員に占める女性の割合は衆参両院で16%(23年秋時点)と国際的に見ても極めて低い。

女性たちの声に耳を傾けると、その多くから「日常生活や職場でアンコンシャス・バイアス(無意識の思い込み、偏見)を感じることがある」という声があがり、男性優位な社会での生きづらさを吐露した。 

3月8日は女性の生き方を考える「国際女性デー」を前に、歴史を踏まえた上での日本の現在地を見つめるとともに、多様性・多元性のある社会の実現には何が必要なのかを考えたい。 

Rankingby

ランキング

  • 1時間
  • 24時間
  • 1週間
  • いいね
Wedge Online Premium

Wedgeの特集記事が、まるごとオンラインで読める
読みたいものを、読みたいときに。

ウェッジ電子書籍