2月号

お知らせ

《【<定期購読>2誌セット切替キャンペーン、クレジットカード決済切替キャンペーン】は終了しました。》
定期購読のお客様を対象とした、「Wedge、ひととき2誌セット切替キャンペーン」、「クレジットカード決済切替キャンペーン」は2022年12月23日(金)をもって終了しました。ご購読いただき誠にありがとうございました。

《<定期購読>新規申込4950円(税込)プランは2023年3月31日(金)WEB申し込み分まで!》
定期購読をホームページからお申し込みいただき、クレジットカード決済を選択したお客様を対象とする「新規申込4950円(税込)プラン」は2023年3月31日(金)をもって終了いたします。何卒よろしくお願い申し上げます。

Latest issue最新号

日本社会にあえて問う 「とんがってる」って悪いこと?

ページをシェアする

2023年2月号

2023年120日発売

定価550円(税込)

特集

日本社会にあえて問う 「とんがってる」って悪いこと?

日本流でイノベーションを創出しよう

文/話し手・北野宏明、深堀 昂、小津野 将、藤田浩之、先﨑彰容、服部泰宏、宮部義幸、森本典繁、加藤真平、新藏礼子、瀧口友里奈、合田圭介、江﨑 浩、編集部

最新号を試し読み Wedge ONLINEで試し読み

購入する

buynavi-arrow 定期購読特別価格 お申込み前に必ずご確認ください

イノベーション─。全36頁に及ぶ2022年の「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」の本文中で、22回も用いられたのがこの言葉だ。

「新しくする」という意味のラテン語「innovare」が語源であり、提唱者である経済学者のヨーゼフ・シュンペーターが「馬車を何台つないでも汽車にはならない」という名言を残したことからも、新しいものを生み出すことや、既存のものをより良いものにすることだといえる。

「革新」や「新機軸」と訳されるイノベーションを創出するには、前例踏襲や固定観念に捉われない姿勢が重要だ。時には慣例からの逸脱や成功確率が低いことに挑戦する勇気も必要だろう。

 平等主義や横並び意識の強い日本社会ではしばしば、そんな人材を“尖った人”と表現する。この言葉には、均一的で協調性がある人材を礼賛すると同時に、それに当てはまらない人材を揶揄する響きが感じられるが、果たしてそうなのか。

“尖る”という表現を、「得意」分野を持つことと、「特異」な発想ができることという“トクイ”に換言すれば、そうした人材を適材適所に配置し、トクイを生かすことこそが、イノベーションを生む原動力であり、今の日本に求められていることではないか。

 編集部は今回、得意なことや特異、あるいはユニークな発想を突き詰め努力を重ねた人たちを取材した。また、イノベーションの創出に向けて新たな挑戦を始めた「企業」の取り組みや技術を熟知する「経営者」の立場から見た日本企業と人材育成の課題、打開策にも焦点を当てた。さらに、歴史から日本企業が学ぶべきことや組織の中からいかにして活躍できる人材を発掘するか、日本の教育や産官学連携に必要なことなどについて、揺るぎない信念を持つ「研究者」たちに大いに語ってもらった。

 多くの日本人や日本企業が望む「安定」と「成功」。だが、これらは挑戦し、「不安定」や「失敗」を繰り返すからこそ得られる果実である。次頁から“日本流”でイノベーションを生み出すためのヒントを提示していきたい。

ウェブで読む

日本を もっと、考える

Wedge Online Premium

Wedgeの特集記事が、まるごとオンラインで読める
読みたいものを、読みたいときに。

ウェッジ電子書籍