タイガー・マザー 中国人教育ママの実態

「体育と演劇を除くすべての教科で1番でなければならない」


森川聡一(もりかわ・そういち)
ITバブル期にニューヨークに住んだ経験を持つ経済ジャーナリスト

ベストセラーで読むアメリカ

ベストセラーを見れば世相がわかる--知っているようで知らないアメリカの実相を知ることは、日本を考えることに欠かせない。

»最新記事一覧へ

■今回の一冊■
BATTLE HYMN OF THE TIGER MOTHER

筆者Amy Chua, 出版社The Penguin Press, $25.95

 中国式スパルタ教育で娘2人を厳しく育てた体験記だ。タイトルを直訳すると「タイガーマザーの闘争賛歌」となる。筆者はアメリカの名門エール大学で教べんをとる中国系アメリカ人のエイミー・チュア教授。子どもの人格や自主性を尊重する欧米式の教育とは正反対に、子どもを罵倒しながら無理やり勉強をさせる猛烈な教育ママぶりが全米で話題となった。

 ニューヨーク・タイムズ紙の1月30日付の週間ベストセラーリストの単行本ノンフィクション部門の5位で初登場し、最高2位まで浮上するなど、11週連続でベスト15位の中に顔を出した。どこの国でも子どもの教育に対する関心の高さは変わらない。アメリカとで例外ではない。特に、OECD(経済開発協力機構)が2010年暮れに発表した、各国の学生の学力調査結果では、上海が全3科目でトップを独占。中国式の教育法に対する関心が高まっていたことも、ベストセラー誕生の追い風になったようだ。

 次に引用する本書の冒頭の一節がすべてを物語る。

 A lot of people wonder how Chinese parents raise such stereotypically successful kids. They wonder what these parents do to produce so many math whizzes and music prodigies, what it’s like inside the family, and whether they could do it. Well, I can tell them, because I’ve done it too.

 「中国人の親たちはどうやって、あんなに優秀なこどもたちを育てているのだろう。多くの人々がそう思っています。あれだけ多くの数学の天才や音楽の神童を生み出すために何をしているのか。家庭の中はどうなっているのか。わたしたちでも同じことができるのだろうか。実は、わたしはその秘密をお教えできます。なぜなら、わたし自身が実践したことだからです」

 この一節はさらに次のように続く。

 Here are some things my daughters, Sophia and Louisa, were never allowed to do:
・attend a sleepover
・have a playdate
・be in a school play
・complain about not being in a school play
・watch TV or play computer games
・choose their own extracurricular activities
・get any grade less than A
・not be the #1 student in every subject except gym and drama
・play any instrument other than the piano or violin
・not play the piano or violin
(p3~4)

 「2人の娘、ソフィアとルイーザには、次のようなことは絶対に許しませんでした。
・友達の家で外泊すること
・友達と集まって遊ぶこと
・学芸会に出ること
・学芸会に出ないことについて文句を言うこと
・テレビをみたりコンピュータ・ゲームをしたりすること
・課外活動をすること
・Aより悪い成績をとること
・体育と演劇を除くすべての教科で1番にならないこと
・ピアノやバイオリン以外の楽器を弾くこと
・ピアノやバイオリンを弾かないこと

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「ベストセラーで読むアメリカ」

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍