ペットビジネス最前線

2012年6月8日

»著者プロフィール

 何かと忙しい現代社会。不況の波もなんのその、毎日必死に働いて……。時間も明日の都合も気にせず玄関先で無邪気に迎え入れてくれるのは、我が家のペット。

 「ああ、癒される……」

癒しは「与える」?「与えられる」?

 このような経験は、ペットを育てたことのある方は実感していただけると思います。

 試しにインターネットで「ペット」「癒し」と検索してみると、「ペットによる癒し効果」や「癒し系ペット」など、ペット(生き物)を育てることで得られる癒し効果に関する内容が多くヒットします。もう少し検索を進めていくと、今度は「ペット癒しグッズ」「ペットを癒す」と、飼い主側が自分のペットを癒す内容がヒットします。

 今、「ペットを癒す」がビジネスとして注目されています。

飼い主と一緒にマッサージ

マッサージを受けるペット (写真:著者提供)

 マッサージは、体全体や一部を揉みほぐすことで静脈系血液循環やリンパ循環を改善し、筋肉痛を和らげる、排便を促す、気分が和らぎ眠りを誘うなどの効果を得られる療法です。

 理論や手技の方法も、東洋医学を取り入れたものからヨーロッパの古典マッサージを取り入れたもの、足つぼを刺激するものなど目的に応じて利用することができます。施設も、動物病院やトリミングサロンなど、ペットの健康管理に特化したところが多く、中には飼い主と一緒に施術を受けられるお店まで。また、ペットシッターの会社では、出張サービスを行ってくれるところもあります。

 どのサービスも、運動が困難になってしまった子や、怪我のリハビリ、ダイエットを考えている子など利用者は様々です。

人間顔負け
多種多様なペット「癒し」ビジネス

 マッサージとは少し異なりますが、タッチ療法で心のバランスを整えたり、身体の動きを高めたり、 健康状態を良くしたりするケア(テリントンタッチ)や、ヨガ、気功、レイキ(ハンドヒーリングの一種)などにとどまらず、花や木など植物に由来する芳香成分(精油)を用いて心身の健康や美容を増進する技術・行為(アロマテラピー)、花の持つ力を利用し、心や感情の本来のバランスを取り戻すのを手伝うと言われる方法(バッチフラワーレメディ)なども、ペットに「癒し」を与えるサービスとして紹介されています。アロマテラピーやバッチフラワーは我々の生活にも浸透しつつある言葉ですが、ペットにもその効果が期待され需要が伸びています。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る