今月の旅指南

2013年3月29日

»著者プロフィール
閉じる

狩野直美 (かのう・なおみ)

東京生まれ。フリーライター。旅行業界誌の記者・編集者を経て、1994年からフリーランスに。主に海外旅行関連誌、ウェブマガジン等に記事を執筆中。

 大阪・中之島で昭和33(1958)年の開館以来、親しまれてきたフェスティバルホールが、この4月、装いも新たにオープンする。新ホールは、昨年11月に開業した37階建ての高層ビル、中之島フェスティバルタワーの2階から7階に位置し、2700の客席数はそのままに、より快適な空間に生まれ変わった。

重厚な雰囲気を残しつつ、最新の施設となったフェスティバルホール

 イタリアの人気オペラハウス、フェニーチェ歌劇場による杮落し公演は、4月10日のガラ・コンサートで幕を開ける。さらに、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、さだまさしなど各種コンサート、野村万作と萬斎の狂言など、見逃せない公演が続く。

 中でも注目のステージの一つが、熊川哲也が演出・振付・出演するシンフォニック・バレエ「ベートーヴェン 第九」だ。クラシックの中でもとりわけ知名度の高い「第九」を、母なる星・地球という悠久の物語に仕上げた舞台は、総勢150人が登場する一大スペクタクルショーとなっている。

 旧ホールの“音が降り注ぐ”と称賛された音響特性もパワーアップ。さらなる進化を遂げたフェスティバルホールに足を運んでみたい。

熊川哲也 Kバレエ カンパニー「ベートーヴェン 第九」
<開催日>2013年4月20日 14時・18時
<会場>大阪市北区・フェスティバルホール(東海道本線大阪駅下車)
<問>☎06(6231)2221
www.festivalhall.jp/index.html

◆「ひととき」2013年4月号より

 

 

 

 
 

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る