あなたが知らない街のNews みんなの経済新聞

2013年9月6日

»著者プロフィール

 こんにちは。「みんなの経済新聞ネットワーク」(略して『みん経』)です。8月中、渋谷・ヒカリエで行われて大盛況を博した動物写真家・岩合光昭さんの「ねこ」展(ヒカリエで動物写真家・岩合光昭さんの「ねこ」展-240点一堂に/シブヤ経済新聞/2013/7/31/http://www.shibukei.com/headline/9515/)。筆者も展示最終日に行ってみましたが、当日券販売には長蛇の列ができ、写真集やカレンダーなどの物販も飛ぶように売れていました。

 多くの人から愛される猫。今回は、猫にちなむ記事を紹介します。

福岡でも岩井光昭さんの展示

 岩合光昭さんの展示は、現在、東京都写真美術館で「岩合光昭写真展 ネコライオン」(http://syabi.com/contents/exhibition/index-1935.html)を開催中。また、ヒカリエの展示を見に行けなかった…という九州地方の方に朗報なのは、下記の記事。「ねこ歩き」と題した展示が9月10日から福岡で行われます。

* * *

福岡三越で動物写真家・岩合光昭さんの写真展「ねこ歩き」(天神経済新聞/2013/8/22)

 福岡三越(福岡市中央区天神2)9階で9月10日より、動物写真家・岩合光昭さんの写真展「ねこ歩き 岩合光昭 写真展」が開催される。

 岩合さんは、19歳の時にガラパゴス諸島に訪れたことをきっかけに動物写真家の活動を開始。世界の野生動物を撮り続ける一方、国内外でイヌやネコなど身近な動物も撮影している。著書には「ニッポンの犬」「ニッポンの猫」「ちょっとオランウータン」など。同店では2010年に「ねこ展」を開催し、8日間で3万5000人が来場するなど人気を集めた。

 同展は、世界のネコや日本のネコ、岩合家のネコの3部構成で展開。40年以上撮り続けている国内外のネコを追った九州初公開作品を含む222点以上の作品を展示する。

©Mituaki Iwago

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る